【GoToトラベル】地域共通クーポンの申請方法「STAYNAVI(ステイナビ)」の使い方

旅費の35%が値引きされ、15%が地域共通クーポンで還元される「Go Toトラベル」。旅行会社で申し込むと自動的に地域共通クーポンももらえるが、直接ホテルで予約した場合は、自分で「STAYNAVI」というサイトで申請してクーポンの取得手続きをする必要がある。だが、この「STAYNAVI」がなかなか手ごわいのだ。そこで今回は、筆者が実際に「STAYNAVI」で地域共通クーポンの申請した手順を紹介しよう。

直接ホテルを予約したら「STAYNAVI」で申請!

(Image:staynavi.direct)

 アナタはもう「Go Toトラベル」を利用しただろうか? 2020年11月24日現在、コロナ感染者が急増した地域では新規予約が一時停止されるようだが、旅費の35%が割引きされ15%が地域共通クーポンで還元されるので、実質半額で旅行ができるお得な制度である。「Go Toトラベル」の詳細については→こちらで確認してほしい。
「Go Toトラベル」は、対象ツアーを旅行会社で申し込むと自動的に宿泊先で地域共通クーポンを渡されるので何も苦労はないが、旅行会社を通さずに、直接ホテルの公式サイトで対象プランを予約した場合は、自分で「STAYNAVI(ステイナビ)」というサイトで申請し、地域共通クーポンの取得手続きをする必要がある。だが、この「STAYNAVI」がなかなか手ごわいのだ。
 ちなみに、今回筆者が予約したのは「Go Toトラベル」と東京都民限定の「もっとTokyo」を併用した1人1泊1万円朝食付のプラン。妻と2人で利用すると本来は2万円かかるが、キャンペーン適用で実質タダになるという驚きのプランである。

(Image:crestonhotel.jp)

今回筆者が予約したのは、「Go Toトラベル」+東京都民限定の「もっとTokyo」併用で1人1泊1万円朝食付きプラン。妻と2人で利用して2万円のはずが実質タダに!

■Go Toトラベル+もっとTokyo利用の割引
[Go Toトラベル]旅費の35%オフ+地域共通クーポン15%
[もっとTokyo]1人5,000円を補助(2人で1万円割引)

■1人1泊1万円(税込)×2名=2万円
2万円-7,000円[Go Toトラベル]-1万円[もっとTokyo]=3,000円(実際に払う額)
+地域共通クーポン3,000円(2万円×15%)
つまり→実質0円!

【GoToトラベル】地域共通クーポンの申請方法「STAYNAVI(ステイナビ)」の使い方のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToEatGoToキャンペーンGoToトラベル地域共通クーポン】の最新ニュースをいち早くお届けします。