Go To Eat(イート)、実は成功? 飲食店の悩みの種を一掃していたことが判明

現在、飲食店を悩ませていることのひとつに「予約の無断キャンセル」がある。ここ数年はテレビなどでも積極的に取り上げられるようになり、SNSでは「貸切でコース料理を予約していた客が来ず、仕込んでいた食材が丸々無駄になった」という飲食店の嘆きの声が注目を集めることもたびたび起こっている。しかし今回、このコロナ禍で「無断キャンセルが減少した」という調査結果が発表されたのだった。
今回は、無断キャンセルが減った背景にある、「Go To Eatキャンペーン」の影響についてお伝えしていきたい。

飲食店の大敵“無断キャンセル”とは

ネット上からの予約システムはとても簡単で気軽に利用しがちだ

 「No show」とも呼ばれる無断キャンセルは、これまでも様々な場面で問題視されてきた。無断キャンセルは、当事者のお客から入るはずだった売上が入らないというダメージだけでなく、来ないお客のために席を空けておくことにより他のお客が来店できなくなる機会損失。さらに、仕込んでいた食材の廃棄にかかる費用やお客の対応のために出勤していた従業員の人件費などもバカにならず、予約が大人数になるほどキャンセル時のダメージが大きく膨らんでいく。2018年に経済産業省が発表したレポートによれば、無断キャンセルによる損失額は飲食業界全体で年間2,000億円にのぼるとされている。

 飲食店向け予約管理システムを開発するTableCheckが2020年11月に実施した調査によると、コロナ禍以前に「無断キャンセルをしたことがある」という回答者は11.6%。実に10人に1人は無断キャンセル経験者であることがわかった。その理由は「場所確保のためのとりあえず予約」が、この調査を始めた2018年から4回連続で1位となった。また、上位の理由には「うっかり忘れ」「人気店をとりあえず予約」など、本人としては軽い気持ちで入れた予約が無断キャンセルにつながりやすいことが明らかとなっている。

Go To Eat(イート)、実は成功? 飲食店の悩みの種を一掃していたことが判明のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToEatGoToキャンペーン無断キャンセル】の最新ニュースをいち早くお届けします。