放っておくと危険大? 不要なアプリを消さないと犯罪に巻き込まれる可能性も!

あなたのスマホは、ついつい「使いきれないほどのアプリで画面が埋め尽くされている」なんてことになってはいないだろうか。使っていないアプリを残しておくだけでも、スマホの容量を無駄にしたり、使いたいアプリが肝心な時にすぐ見つけられないという問題を引き起こしている。そのほかにも、実は使わないアプリがスマホにあることが思わぬトラブルを招くことも…。
今触っているそのスマホに「インストールはしたけどしばらく使っていないな」というアプリ入っていないだろうか?

半分以上のアプリが使われていない?

そのアプリ本当に必要?

 フラー株式会社の発表した「モバイルマーケット白書」によると2019年度、日本人のスマホに入っているアプリ数は平均99・3個であると発表されている。しかし一方で利用しているアプリは37.5個に留まるという結果も判明。つまり、多くの人がスマホ上の半分以下のアプリしか使っていないという計算になる。余分なアプリがスマホの容量を圧迫することで、写真を撮影したり、音楽や動画をダウンロードする際に「容量が足りない…」なんて事態を招くことは目に見えている。
 また、容量の問題だけでなく、これらのアプリがバックグラウンドでの起動や更新などを行うことで、スマホのポテンシャルを無駄に使用していることも。仕事の大切なメールや重要な添付ファイルを外出先にスマホ読み込む際に、ダウンロードの遅さにイライラした経験はないだろうか。アプリの引き起こす時間のロスで、大事なビジネスチャンスを逃す可能性もゼロとは言えないのだ。

放っておくと危険大? 不要なアプリを消さないと犯罪に巻き込まれる可能性も!のページです。オトナライフは、【アプリAndroidiPhoneアプリスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。