テレワークNG企業もOKに? 都会のサラリーマン2人に1人が希望する〇〇とは

日本では長年の間、都会に憧れて東京圏の大学へ進学したり、Iターン就職をする人が多かった。しかし昨今は、「丁寧な暮らし」という言葉が流行にしたように、生活の“質”という面が見直される傾向にある。騒がしい都会を離れて、地方でライフワークバランスを保って過ごしたいと考える人が増加しているのだ。
 “脱都会“の思考は、新型コロナウイルスの流行により、都心での感染リスクを恐れた生活を送るうちに、健やかに過ごしたいというニーズが高まり今後より増えていくかもしれない。
今回は、そんな地方移住希望者の抱く思いや移住へのハードル、移住許容拡大の可能性について迫っていく。

老後まで待てない!働きながら移住がしたい人が増加中

「都会の喧騒を離れて静かに暮らしたい」若者が急増

 内閣官房・まち・ひと・しごと創生本部事務局が行った東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住者への地方暮らしへの意識を調査したアンケートの結果によると、およそ49.8%もの人が「地方暮らし」に興味を持っていることがわかった。首都圏に住む2人に1人が、今住んでいる都心を離れて地方に行きたいと感じているのだ。
 また、驚くことにこの関心は、年齢が若くなるほど高くなっていることが判明。「退職後や老後を郊外でゆったりと過ごしたい」という意向ではなく、バリバリと働いている層が地方に出て行きたいと感じている。つまり、ドロップアウトではなく何らかの仕事で生計を立てながら地方に住みたいと考えているのだ。その証拠に「地方暮らしに向けて発信して欲しい情報は何か」という質問に対して、およそ半数以上の人が「仕事、就職に関する情報」と回答をしている。

テレワークNG企業もOKに? 都会のサラリーマン2人に1人が希望する〇〇とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフテレワーク地方移住田舎暮らし】の最新ニュースをいち早くお届けします。