【LINE】アルバムに動画を追加や保存できないときの対処方法!

【LINE】ノートに動画を追加/保存するときの注意点

 LINEのノート機能を使って動画を共有できることが分かったところで、LINEのノートで動画を共有する際の注意事項を紹介しよう。LINEのノート機能での動画共有にはいくつか注意点があり、特に注意したいポイントをピックアップしたので参考にしてほしい。

・【注意点1】保存した動画は自ら削除しないと消えない

 LINEのノートに投稿された動画は動画の投稿者しか削除することができない。トークであれば時間が経てば保存されていない動画は削除されて再生できなくなるが、ノートの動画は投稿者が削除するまではずっと残り続けるので注意だ。期間限定で共有したい動画の場合は自分で削除するのを忘れないようにしたい。

・【注意点2】動画データは自動で圧縮される

 LINEのノート機能では動画データは特に容量の制限はなく保存できる。しかし、LINEのノートに投稿した動画データは自動的に圧縮されて、ある程度の画質になった状態の動画で共有保存される。そのため、元の動画データをスマホから削除してしまうと画質が劣化したLINE上の動画しか残らないことになる。
 LINEのノートへの動画投稿はバックアップとして使えないことは無いが、動画の画質が劣化する点については忘れないようにしておこう。特に4Kなどで撮影した動画はフルHD以下まで圧縮されてしまい、高画質動画の意味がなくなってしまうので要注意だ。
 また、ノートに投稿された動画をスマホのストレージに保存すると動画の更新日時はスマホへ動画を保存した日に設定されてしまう。この動画をiPhoneのカメラロールやAndroidのデフォルトのギャラリーアプリなどで表示するとその日が撮影日時として表示されてしまう点にも注意が必要だ。
 動画を正しい撮影日時として保存したい場合には、ノートに撮影したその日のうちに動画を投稿してもらい、その日のうちに保存するか一度保存した動画をアプリなどを利用して正しい日付に設定し直す必要がある。撮影日時を覚えている動画であればこれを行うことができるが、投稿されてから日がたってしまうと正しい日付を思い出すのが困難になる。そのため、日付にこだわる方にはノートの動画はすぐに保存して正しい日付を覚えているうちに設定することをおすすめする。

・【注意点3】1回の投稿で添付できるのは20件まで

 LINEのノート機能では一つの投稿に追加できる動画は最大20件までだ。大量の動画をLINEのノートで共有したい時には、面倒ではあるが動画を20件づつ分けてノートに添付して投稿しなければいけない。

・【注意点4】投稿できる動画の長さは最大5分まで

 LINEのノート機能で共有できる動画に容量制限は無いが、動画の時間制限はある。動画の時間制限は最大5分までだ。これを超える動画はLINEのノート機能で共有することはできないので注意しよう。
 どうしても5分以上の動画をLINEのノートで共有したいときには、動画編集アプリなどを使って動画を5分未満ごとに分割して共有しよう。分割した動画が20件以内ならば一つのノートにまとめて投稿できるのでおすすめだ。
 なお、トークであれば5分以上でも投稿できるので必要であればトークも利用してみよう。トークの動画はなるべく早く共有された各々がスマホに保存しておくことをおすすめする。

・【注意点5】PC版LINEでは動画を保存できない

 LINEにはPC版のアプリがあるが、PC版のアプリではバージョンによっては動画を保存することができない場合がある。PC版で動画が保存できないときにはアプリを最新バージョンにアップデートしてみたいり、一度スマホで動画を保存してから保存した動画をPCへ転送してみよう。

※サムネイル画像(Image:GNT STUDIO / Shutterstock.com)

【LINE】アルバムに動画を追加や保存できないときの対処方法!のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEアルバムLINEノート】の最新ニュースをいち早くお届けします。