【Firefox】ブラウザのキャッシュ削除、キャッシュ容量変更について解説!

Firefoxに保存されているキャッシュの削除や容量の変更方法をご存知だろうか。Firefoxに保存されているキャッシュの削除方法や容量の変更方法を紹介するので、ぜひこれらをマスターしてFirefoxをより便利に活用できるようになってほしい。

【Firefox】キャッシュの役割とは?

 Firefoxが保存しているデータである「キャッシュ」の削除方法やサイズの変更方法をご存知だろうか。そもそも「キャッシュ」とは何か、キャッシュの役割などキャッシュそのものを知らない方も多いかと思う。しかし、現在の情報化社会において自分が使っているブラウザFirefoxが保存しているデータを知らないというのは危惧すべき状態だ。そこで、まずはキャッシュの削除やサイズの変更方法の前に、Firefoxが保存しているデータである「キャッシュ」の役割について説明しよう。
 キャッシュの役割についてはFirefoxに限らずどのブラウザでも同じである。そのため、IT基礎知識としてFirefox以外のブラウザを利用している方もキャッシュの役割をしっかりと理解してほしい。

・データを一時的に保存することでデータの処理速度を速める

 キャッシュの役割を説明しよう。キャッシュの役割とは分かりやすく説明すると、一度表示したWebサイトの表示速度を早くすることだ。つまり、キャッシュとはユーザーが一度アクセスしたWebサイトのデータを自動で保存しておき、次回アクセス時にはWebサイトのサーバーではなく、自身が持っているキャッシュのデータを利用して表示を高速化する役割を担っている。
 この役割を利用するためにキャッシュは自動的にユーザーが利用しているWebサイトのデータを収集していると言える。そのため、このキャッシュを解析することでユーザーがアクセスしたWebサイトなどの個人的情報を取得することが可能だ。
 これを回避するために、セキュリティ意識の高い人は定期的にキャッシュをクリアしたり自動的にキャッシュをクリアする設定を利用している場合も多い。もちろん、キャッシュのクリアは手動でも可能だ。また、キャッシュはアクセスしたWebサイトの情報を自動的に保存していくのでそれなりのサイズになる。容量が小さいストレージのコンピューターの場合は少しでもそのサイズを小さくしたいと思うはずだ。そこで、今回はキャッシュをクリアする方法だけでなく、キャッシュのサイズを変更する方法も合わせて紹介するのでキャッシュのクリア方法と合わせて参考にしてほしい。

【Firefox】ブラウザのキャッシュ削除、キャッシュ容量変更について解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスFirefoxノートパソコンパソコンブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。