【Firefox】ブラウザのキャッシュ削除、キャッシュ容量変更について解説!

【Firefox】キャッシュの削除方法【自動の場合】

 Firefoxでキャッシュの削除を自動で行うように設定する方法を紹介しよう。なお、Firefoxでのキャッシュ削除の自動化設定では、Firefoxによるキャッシュの保存自体を無効に設定する方法と、Firefoxを終了するたびにキャッシュを削除するように設定する方法を合わせて紹介する。
 特段理由がなければ、Firefoxを終了するたびにキャッシュ削除する設定が設定方法も分かりやすいのでおすすめだ。共有PCで利用しているFirefoxで設定すると利用者の情報保護にもなっていいだろう。

・キャッシュを利用しない設定にする

 Firefoxによるキャッシュの自動取得自体を停止に設定する方法を見ていこう。なお、Firefoxのキャッシュ自動取得自体を停止する方法は上級者向けのオプションなので、特段必要がなければ、後述するブラウザ終了時にキャッシュを自動削除する方法を利用するとよいだろう。

Firefoxでキャッシュを自動で取得しないように設定を変更する方法を紹介する。このキャッシュ自体を無効にする設定は上級者向けオプションなので、通常のオプションからは設定変更できない。そこで今回は上級者向け設定画面を利用する。はじめに、アドレスバーに「about:config」と入力しよう

「about:config」画面を表示すると、入力ボックスが表示されているので[browser.cache.disk.enable]と[browser.cache.memory.enable]を貼り付けて、横のスイッチアイコンをクリックする。ステータスがtrueからfalseになれば設定完了だ

・ブラウザ終了時にキャッシュを削除する設定にする

 Firefoxを終了するたびに自動でキャッシュを削除する方法を紹介する。ITリテラシーの高い方は、自分のPCでもFirefoxの利用が終わったら自動でキャッシュを削除する設定を行っている方が多い。

Firefoxを終了するたびに自動的にキャッシュを削除するように設定するには、オプション設定画面の「プライバシーとセキュリティ」から「Firefoxの終了時に履歴を削除する」にチェックを入れておこう

【Firefox】ブラウザのキャッシュ削除、キャッシュ容量変更について解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスFirefoxノートパソコンパソコンブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。