鬼滅頼みの外食産業!? コラボすればヒットが約束? 大手企業は隆盛し中小は淘汰への一歩か

2020年は本当にどこを見ても「コロナ」か「鬼滅」だったように思う。もちろん、コロナは新型コロナウイルス感染症のことであり、ネガティブな話題のほどんどは多かれ少なかれコロナ禍が影響を与えていたことは読者のみなさんも同意してくれることだろう。一方で鬼滅の刃は、コロナで落ち込んだ経済を立て直す救世主のような存在でもあり、明るい話題を世の中に提供し続けている。
今回は、そんなコロナで多くの外食産業の企業が利益・売上を落とす中、コラボした企業に次々と明るい話題を運んできた“幸運の漫画作品”についてご紹介していこう。

くら寿司、鬼滅の刃とのコラボで7カ月ぶりの前年比増!

(Image:ssnp.co.jp)

冷え込んだ外食産業にあって、くら寿司はうまく乗り切ったようだ

 国内最大級の企業情報データベース・帝国データバンクが10月に発表したところによると、外食産業の上場企業62社のうち9月の全店の売上実績が前年の同月を上回ったのはたったの9社。全体の85.5%にあたる残りの53社は、コロナ禍で冷え込む外食産業の需要減を持ちこしている状態となった。しかし全体的に減少幅は前月の8月と比べて縮小傾向にあり、落ち込みは底を打ったようだった。
 なかでも注目を集めていたのは、前年同月比13.9%を記録し3位に入った回転ずしチェーンくら寿司。くら寿司は鬼滅の刃とのコラボを実施しており、コラボメニューなどを続々と発売していた。1位・2位は20%超えの2企業に明け渡したが、鬼滅の作品人気に押されて、2月以来7カ月ぶりのプラスとなっている。強力なコラボ相手に恵まれたことで、業績を復調させていたのだった。

鬼滅頼みの外食産業!? コラボすればヒットが約束? 大手企業は隆盛し中小は淘汰への一歩かのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ300億の男くら寿司ローソン劇場版「鬼滅の刃」無限列車編週刊少年ジャンプ】の最新ニュースをいち早くお届けします。