実はあなたの周りにも!? コロナ第3波で最大の危険因子とは

現在、日本に新型コロナウイルス感染症の第3波が到来してきていると言われている。3日連続で500人を超えた東京都をはじめ、連日全国各地で最多感染者数が更新されているという予断を許さない状況だ。しかしある調査では、そんな第3波に対して「備えている」と答えたのは40%に満たなかった、という驚きの調査結果が発表された。
今回は、withコロナ、アフターコロナに向けた意識の変化を考えていきたい。

日本を襲う過去最大の“コロナ第3波”

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

インフルエンザ最盛期や花粉症の時期でもこれほどのマスク率は考えられなかった

 2020年2月頃から世界的な流行が続いている新型コロナ。日本でも4月に緊急事態宣言が発令され、外出の自粛、常時マスク着用など人々の日常が大きく変わっていった。現在は感染対策が徹底されたこともあってか街にかつての人の量が戻り始めるなど、恐慌状態の流行当初と比べてかなり冷静な対応がされるようになってきた。
 しかし全国で1日に2,000人の感染者が確認されるなど、春先・夏場以上の規模の“第3波”が押し寄せてきているのは確実だ。最多感染者数が更新されはじめているエリアでは、「Go To トラベル」や「Go To Eat」といった人の動きを活性化させる「Go Toキャンペーン」が感染拡大を助長するとして一時中止を求める声も少なくない。実際に埼玉県や兵庫県などは、Go To Eatのプレミアム付食事券の販売停止を発表している。

実はあなたの周りにも!? コロナ第3波で最大の危険因子とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToEatGoToキャンペーンGoToトラベル新型コロナウイルス第3波】の最新ニュースをいち早くお届けします。