「Uber Eats」「出前館」業績を圧迫する激しい消費戦! 熾烈な覇権争いに未来はあるのか?

 いまや生活になくてはならないものとなり、一気に普及を見せたフードデリバリーサービス。日本では現在、「出前館」と「Uber Eats」の2社が先行して筆頭企業として知名度を獲得している。一方で、新たなビジネスチャンスに新規ブランドの参入ラッシュも続く。同時に白熱したシェア争いには大きな落とし穴も…
 今回は、そんな一瞬たりとも目が離せない局面となっているフードデリバリー界の死闘に迫る。

大手2社を追随するように新規参入ラッシュの波が!

今や生活になくてはならないフードデリバリーサービス

 長らくフードデリバリーサービス不毛の地であった日本。しかし、Uber Eatsの日本参入により、大きなリュックを背負った配達員が街を走り回る様子は、今や見慣れた景色となっている。特に今年は、新型コロナウイルスの流行という社会情勢も重なり、外出を避けたいという消費者の心情が後押しすることで、フードデリバリーサービスは一層の定着をみせたのではないだろうか。現在業界のトップシェアを誇るのがUber Eatsと出前館の2社。どちらも大規模な広告や値下げキャンペーンなどを行ない、業界の覇権を握るべく熾烈な争いを繰り広げている。
 さらに、この新しいフードデリバリーというビジネスに対して、今後の市場拡大を見越して多くの新規ブランドの参入ラッシュがここにきて起き始めている。大手IT会社楽天の手掛ける「楽天デリバリー」、スマホアプリ会社であるレアゾン・ホールディングスのグループ会社の「menu」、ベンチャー企業・シンの「Chompy」、LINE社による「LINEデリマ」などが新規参入。シェア争いは今後ますます激化していくだろう。

「Uber Eats」「出前館」業績を圧迫する激しい消費戦! 熾烈な覇権争いに未来はあるのか?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフUber Eatsフードデリバリー出前館】の最新ニュースをいち早くお届けします。