楽天カード10選! 本当はどのカードをどう使うのがいちばんお得なの?

各楽天カードの特徴をザックリ覚えよう!

 まず、中心となるのがノーマルの「楽天カード」。女性向けの「楽天PINKカード」と学生「楽天カードアカデミー」も基本的にはノーマルカードの一種である。楽天のサービスをよく利用してポイントをたくさん貯めたいなら、年会費を払っても最大5%のポイントや特典が付く「楽天ゴールドカード」や、世界中の空港ラウンジが無料で利用できる「楽天プレミアムカード」がおすすめ。これらのカードで数百万円以上の買い物をすると、楽天から「楽天ブラックカード」のインビテーション(招待)が届くと言われている。自分で申し込んでも加入することはできないステータス性が高いカードだ。
 これ以外に楽天銀行のキャッシュカードと一体になった「楽天銀行カード」やANAマイレージ機能付の「楽天ANAマイレージクラブカード」、アルペンポイント機能付の「アルペングループ楽天カード」、みちのく銀行と提携している「楽天カード みちのく銀行デザイン」などがあるが、基本的にこれらも実質年会費無料で、ノーマルカードとほとんど同じものだ。

楽天カードは大きく分けて、年会費が無料のカード(実質無料含む)と年会費がかかる特典付きカードがある。楽天商圏での買い物が多いなら、年会費を払ってもポイント還元率の高い有料カードにしたほうがお得。また、海外での仕事や旅行が多い人にはプレミアムカード以上がおすすめとなる

楽天カードには付帯カードもある!

 楽天カードには付帯カードもあるのをご存じだろうか? 「楽天ビジネスカード」は楽天プレミアムカードに付帯できるクレカ。年会費は2,200円で個人事業主などが経費の支払いを一本化するときなどに便利。「楽天ETCカード」があれば車の運転でもポイントが貯められる。年会費は550円取られるが、ゴールド、プレミアム、ブラックに付帯する場合は年会費無料となる。「家族カード」は奥さんや子どもなどに持たせられるので、家族の出費をまとめられる。カードの種類によって家族カードの年会費が異なるが、たとえば、プレミアム、ゴールドは年会費550円が必要になる。

(Image:rakuten-card.co.jp)

楽天カードには3種類の付帯カードも存在する。使い方によっては得するので、一応どんなものか確認しておくとよいだろう

●楽天カード(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:rakuten-card.co.jp)

文=藤原博文/フリーライター

楽天カード10選! 本当はどのカードをどう使うのがいちばんお得なの?のページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天カード楽天トラベル楽天モバイル楽天証券楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。