〇〇ほどテレワーク率が上昇! テレワークの進むサラリーマンの共通点とは

このコロナ禍で大きく変わったことのひとつに“働き方”がある。これまでは多くのサラリーマンが毎日会社に出社して業務をこなしていた。しかし新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑えるため、国が全国の企業に対して自宅で業務にあたる「テレワーク」を要請したことは記憶に新しい。その結果、緊急事態宣言が5月に終了して以降も一定数の会社がテレワークを続けている。しかし現在もテレワークを続けている企業には、ある傾向が見られることがとある調査でわかってきた。
今回は、テレワークをしやすい人・企業とそうでない人・企業の差についてお伝えしていきたい。

現在のテレワーク実施率はわずか2割

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

東京など大都市の通勤ラッシュ時はマスクをしていても感染リスクを抑えきれない

 フィデリティが2020年10月にインターネット上で全国1万2,000人を対象に実施した調査によると、「現在自宅からテレワークを行っている」と回答したのは全体の20.4%に留まった。そのうち「毎日テレワーク」をしているのは全体の7.3%で、残り13.1%は「週に1~2度テレワークを実施している」という。緊急事態宣言下では国が「外出を7割減らす」として、それに近い割合の企業がテレワークに切り替えていただけに、やはり感染が沈静化して通常通りの出社体制に戻した企業が多かったことが窺える。

〇〇ほどテレワーク率が上昇! テレワークの進むサラリーマンの共通点とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWeb会議オンライン会議テレワークリモートワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。