【Twitter】投稿できる動画の時間は? 140秒以上投稿する方法とは

【Twitter】動画を投稿する方法(パソコン)

 パソコンからTwitterに動画をアップロードして投稿する方法を見ていこう。PCから利用するWeb版Twitterでも動画を直接Twitterにアップロードして投稿することが可能だ。ただし、パソコンから行う場合でも投稿できる動画の時間は140秒までだ。パソコンでTwitter用に動画を編集したり撮影したりしている方は注意しよう。

パソコンからTwitterに動画をアップロードして投稿するには、Twitterの新規投稿画面左下にある写真のようなアイコンをクリックしよう。ここから動画を選択してTwitterに投稿することができる

【Twitter】140秒以上の動画を投稿する方法

 これまでTwitterに投稿できる動画の時間は140秒までだと紹介してきた。では、Twitterで140秒以上の時間の動画を投稿したいときにはどうすればよいのだろうか。140秒以上の動画をTwitterで投稿したい時のオススメの対処方法を紹介する。140秒以上の動画をTwitterで公開したいときにはぜひこれらの方法を参考にして、140秒以上の長時間動画の共有を楽しんでほしい。

・【方法①】YouTubeに投稿した動画をTwitterで共有する

 Twitterで140秒以上の動画を投稿する方法として、Twitterに投稿したい140秒以上の動画をYouTubeに投稿してから、YouTubeの動画としてTwitterで共有する方法がある。この方法であれば、YouTube側の動画制限に合致する動画であれば何でも共有できるのでオススメだ。
 YouTubeにアップロードできる動画の時間は、電話番号による認証がない状態では15分、認証済みの状態では数時間以上の超長時間だ。これだけの時間があればほとんどの動画であれば対応できるだろう。
 また、アップロードした動画の画質もTwitterよりYouTubeのほうがきれいだ。Twitterで長時間動画を共有したい方は、動画の時間制限もほとんど気にすること無く、画質も良いYouTubeを利用しよう。

・【方法②】動画広告としてTwitterに投稿する

 どうしてもTwitterに140秒以上の動画をアップロードして投稿したい場合には、動画広告という方法もある。この方法はTwitterの広報機能を利用するやり方だ。つまりプロモーションツイートとして作成するツイートに動画を追加する。プロモーションツイートでは140秒以上の動画でも投稿可能だが、プロモーション機能を利用するには利用料金が発生する。また、あくまでもプロモーションツイートなので、自分のタイムラインだけでなく広告の条件に一致した見知らぬ人のタイムらいにまで、そのプロモーションツイートが動画とともに表示されることもある。

【Twitter】投稿できる動画の時間は? 140秒以上投稿する方法とはのページです。オトナライフは、【SNS140秒SNSTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。