楽天ペイが王者・PayPayに猛追!? 楽天銀行ユーザーの流入に期待がかかる

2018年の10月以来、シェアを増々拡大していくQRコード決済サービス。その数あるQRコード決済サービスの中でも、「PayPay」が突出した存在感を放っていることに異論のある人は少ないだろう。QRコード決済の中で断トツのシェアを誇り、対応店舗数も他のサービスをはるかに上回る。PayPayはまさにQRコード決済の王者といえよう。そんなPayPayが台頭している中、ネット銀行利用経験者の驚くべき実態が明らかになった。
今回は、ネット銀行の実態と楽天ペイのポテンシャルを見ていきたい。

ネット銀行の紐付け先は?

あなたもネット銀行を使ったことはあるだろうか?

 MMD研究所は、2020年10月20日~10月29日の期間で「電子金融取引に関する調査」を実施。予備調査では18歳~69歳の男女4,400人、本調査ではネット銀行・ネットバンキング利用経験者の男女328人、ネット上での株式売買経験者の男女333人を対象とした。

 すると、ネット銀行・ネットバンキング利用経験者は約7割を占めた。さらに、利用経験者にメイン利用のネット銀行・ネットバンキングを聞くと、「楽天銀行」が最も多く30.9%、次いで「ゆうちょ銀行」が9.6%、「みずほ銀行」が7.7%と、楽天銀行が圧倒的なシェアを誇る結果となった。

楽天ペイが王者・PayPayに猛追!? 楽天銀行ユーザーの流入に期待がかかるのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスみずほ銀行ゆうちょ銀行楽天楽天ペイ楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。