ハイカー必須の登山アプリ「YAMAP(ヤマップ)」の使い方 オフラインでも使える地図が安心!

コロナ禍の影響で人込みを避けるキャンプがブーム再燃中だが、冬を前に最後の秋山登山も真っ盛り! でも、山奥では電波が届かなくてスマホが使えず危険な目に遭う可能性も……。そこで今回は、ビギナー登山の強い味方、登山アプリ「YAMAP(ヤマップ)」の魅力と基本的な使い方を紹介したいと思う。とくに山奥で電波が届かない場所でも利用できる地図アプリがあれば、イザというときに安心だぞ!

登山は楽しい反面、危険も伴うアクティビティ

 登山といえば、辛い登りを乗り越えて山頂に立ち、素晴らしい景色を眺めながら昼食。あとは下って温泉でひと汗流しながらビールを……なんて苦労した分だけ喜びも大きいアクティビティのひとつ。でも、軽い気持ちで無計画なまま山へ向かうのは推奨できない。
 たとえば、最近は「鬼滅の刃」の聖地巡礼として奥多摩の雲取山へ軽装で出かけるファンが多いらしい。奥多摩のビジターセンターも警告していたが、関東圏を代表する2,000m超えの百名山にサンダルで向かうとは、まさに“命知らず”と非難されても仕方がないだろう。もちろん、スニーカーで3,000m超えの富士山を難なく登頂する人もいるので、“遭難しなければ”どんな格好で登っても個人の自由である。しかし、万一の遭難リスク回避策として、せめてスマホに登山アプリ「YAMAP(ヤマップ)」くらいはインストールしていって欲しいのだ。

登山道はばっちり整備されているキレイな道ばかりとは限らない。台風でも来た日には、すぐに崩れてしまうような危ない場所も多いのだ

ハイカー必須の登山アプリ「YAMAP(ヤマップ)」の使い方 オフラインでも使える地図が安心!のページです。オトナライフは、【アプリYAMAPキャンプひとりキャンプ登山】の最新ニュースをいち早くお届けします。