実は「100億円」のイメージだけ? “PayPay=お得”という図式は本当に正解なのか?

日常生活に欠かすことができなくなった「キャッスレス決済」。できることなら普段の買い物から“お得”に使いたいと考えている人がほとんどではないだろうか。その点「PayPay」は、「キャンペーンも多く、お得な決済方法だから普段から使っている」そんな人も多いだろう。しかしキャンペーンのお得さだけで日常使いのアプリを決定してしまっていいのだろうか。
今回は“PayPay=お得”という図式が本当に成り立つのか。日常使いとしてのアプリとして正解なのかを紐解いていきたい。

PayPayの波に「乗り遅れてはいけない!」のムーブが生まれた2019年

キャッスレス決済、あなたはどのサービスを使っていますか

 2019年に一躍「キャッスレス決済アプリ」としてトップシェアに躍り出たPayPay。参入時に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」のインパクトからアプリをダウンロードした人も多いのではないだろうか。PayPayでの支払い時の20%が還元されるというキャンペーンは「買い物をするだけで得をする」とユーザーを増やしたほか、同時に行われた「40回に1回の確率で支払額の全額が還元される」キャンペーンに多くの日本人が驚いた。その後も、年に一度の大型還元「超PayPay祭」や1000%の還元が受けられると銘打った「ペイペイジャンボ」など多彩な還元キャンペーンを定期的に企画。“PayPay=お得”という消費者心理を生み出し「PayPayのキャンペーンには乗らなきゃ損」と思わせる空気を世間に生み出した。
 こうなれば、PayPayのキャンペーンに乗り遅れないために、日ごろからPayPayを使用するユーザーも増えているだろう。実質この“バラマキ”作戦は大成功となっているのではないだろうか。

実は「100億円」のイメージだけ? “PayPay=お得”という図式は本当に正解なのか?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。