PayPay難民が増加? 加盟店とアプリ上で表示されるが実際は“空登録店舗”が多く存在!

ここ数年で、日本でも爆発的に定着を見せた「キャッシュレス決済」。その代名詞と言えるのが「PayPay」ではないだろうか。多くの還元キャンペーンやクレジット以外での利用法の確立、ユーザー間の送金の手軽さといった利便性で多くのユーザーから支持を集めている。しかし、一方でその利便性を過信しすぎてしまったがために、思わぬ支払いトラブルに巻き込まれたなんて声も。
今回は、そんな“利便性では現金に勝る”ともいわれるPayPayに潜む思わぬ罠に迫っていく。

2019年度最もダウンロードされたアプリは「PayPay」

使える店が多いことが最大のメリット

 大規模な還元キャンペーンによる広告戦略と共に、キャッシュレス決済事業に参入したPayPay。2019年には、App Storeにおいて最もダウンロードされたアプリとして「トップ無料Appランキング1位」を受賞。2020年度著しくシェアを拡げ、いまや日本のQRコード決済の中で1番の知名度を誇っているのではないだろうか。
 日経クロストレンドの行なった調査によると、キャッスレス決済利用率、登録率ともにTOP3に名を連ねるなど、1位であるクレジットカードは別格としても、クレカ以外で今日本で最もユーザーの多いキャッシュレス決済だと言っても過言ではないだろう。
 では、PayPayの何がここまで多くのユーザーを引き付けているのだろうか。還元率の高さによる「お得さ」、コンビニからの入金システムやユーザー間での送金の手軽さという「利便性」。そのほかにも、提携サイトやサービスによる割引や還元などの「キャンペーン」などユーザーにとっての利点は豊富にあるが、一番は「使える店が多いこと」ではないだろうか。

PayPay難民が増加? 加盟店とアプリ上で表示されるが実際は“空登録店舗”が多く存在!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayPayPay難民QRコード決済キャッシュレス空登録店舗】の最新ニュースをいち早くお届けします。