東京から電車で静岡に行くときSuicaだと面倒なことになるって知ってた?

大人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地となっている静岡県の「沼津駅」で、ちょっとした問題が起こっている。それは「沼津駅」の自動精算機や有人窓口の前に、なぜか長蛇の列ができる怪現象だ。もちろん、自動改札機があるのに、なぜ沼津駅に限ってこのような現象が起きるのだろうか? そこで今回は、あまり知られていない「Suica」の謎について解説しよう。

静岡県「沼津駅」で起きる怪現象とは?

 ここ数年、アニメやゲームなどに登場する地域をファンが訪れる聖地巡礼がブームとなっている。地方の町興しにも一役買っており、自治体が積極的に動いている場合もある。そんななか、大人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地となっている静岡県「沼津駅」では、自動精算機や有人窓口の前に長い列ができて困ったことになっているという。これはいったいどういうことなのか? 
 実は、問題の原因はJR東日本が発行している「Suica(スイカ)」にある。Suicaといえば、関東圏での通勤や通学などで利用できるほか、コンビニやレストランの支払いにも利用できる便利な交通系ICカード。でも、仮に東京駅でSuicaをタッチして乗車したら、いったいどこまで行けるのかご存じだろうか? もちろん、Suicaは2万円までしかチャージできないので、それ以上運賃がかかる場所までは行けないが、実はこれ以外にも利用制限があるのだ。

「Suica」で乗車できる範囲はJR東日本管轄内のみ!

 現在、交通系ICカードは日本全国でさまざまな種類が発行されているが、「全国相互利用サービス」が実施されているので、たとえば、Suicaを北海道や大阪、九州などの電車で利用することが可能となっているのはご存じだろう。だが、JR東日本の自動改札をSuicaでタッチして乗車した場合は、同じJR東日本管轄内の自動改札でしか出ることができないことは、あまり知られていない。もし、Suicaで乗車してJR東日本管轄外の駅で下車しようとすると、チャージ金額が足りていても自動改札で引っかかってしまうのである。
 つまり、沼津駅で起きた怪現象は、〝JR東日本管轄の関東の駅からSuicaでタッチして乗車した「ラブライバー(ブラライブファンの俗称)」が、JR東海管轄の「沼津駅」で降りようとして起きた”ことなのである。もちろん、管轄をまたぐ路線では「〇〇駅から先はSuicaを利用できません」と車内アナウンスされるが、一旦、Suicaで乗ってしまった人はどうすることもできず、そのまま沼津駅まで行ってしまうのである。

こちらはJR東日本が公開している管轄範囲。常磐線の「浪江」、東北本線の「黒磯」、東海道線の「熱海」、中央本線の「松本」、上越線の「水上」などが、電車好きの間では境界の駅として有名である

東京から電車で静岡に行くときSuicaだと面倒なことになるって知ってた?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフJR東日本SuicaモバイルSuica境界の駅沼津駅】の最新ニュースをいち早くお届けします。