無責任すぎるGo Toトラベル! 旅行で何かあっても“自己責任”?

連日大きく揺れる「Go To トラベル」が、世間の注目を集めている。現在第3波が到来しているとされ全国各地で感染が拡大する中で、国も感染が拡大している札幌市・大阪市をGo To トラベルの目的地から外すなどの感染抑制の対応を行っている。しかし一方で札幌市・大阪市“から”出発する人々については規制せず、「旅行を控えるよう呼びかける」に留めている。本人たちの判断に委ねたかたちだ。
今回は、国民に委ねられた自己責任のGo To トラベルについてお伝えしていく。

札幌・大阪はGo To目的地から除外も…

これからの時期、札幌は雪化粧で観光シーズンとなる…はずだった

 Go To トラベルといえば、2020年7月からスタートした移動費や宿泊費などが最大半額補助されるキャンペーン。新型コロナウイルス感染症によって大きく制限された人の動きを活性化させ、国費を使って観光旅行に行ってもらおう、という振興策だ。10月からはキャンペーン開始当初に「感染拡大しているため」と除外されていた東京都も目的地・出発地に加わり、10月末の時点で延べ3,976万人がキャンペーンを利用したと発表されている。

 しかし11月に入ると、全国の感染者数は急激に増加。「第3波が来た」と現在も大騒ぎの状態だ。当然、人の流れを促進するGo To トラベルも問題視されることに。11月24日には、札幌市・大阪市が12月15日までGo To トラベル目的地から除外されることが伝えられ、それまでに予約していたキャンペーン利用者にはキャンセル料無しでのキャンセルも可能としていた。

無責任すぎるGo Toトラベル! 旅行で何かあっても“自己責任”?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToキャンペーンGoToトラベル地域共通クーポン】の最新ニュースをいち早くお届けします。