打倒PayPayの最有力・楽天ペイの身近すぎる落とし穴4,000円の壁とは

もはや、日本人の生活になくてはならなくなった「キャッシュレス決済」。このうち「QRコード決済」に関しては、昨年度半年で利用頻度の高いユーザーが倍になったというデータも。なかでも、グループ力を生かして躍進しているのが「楽天ペイ」。みなさんの中にもポイントのために楽天ペイで支払いはまとめているという人も多いのでは?
今回はそんな楽天ペイの思わぬ弱点と、気を付けなければいけないシチュエーションについてお伝えしていく。

PayPayに勝てるのは楽天ペイしかいない!連動先の豊富さが武器

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

連動サービスの多さで戦う楽天ペイ

 消費者庁の発表によると、「利用する頻度の高いキャッシュレス決済手段」として「QRコード決済」を挙げた人は、2019年7月度で17.7%だったが、12月度には34.4%とほぼ倍にまで上昇していることが分かった。伸び率からみても本年度はさらに上昇していると考えられ、「QRコード決済」はもはや現代人の必須ツールになっていると言える。
 そんななかで、日常的に使用するサービスを「楽天グループ」に集中させることで、お得な生活をする「楽天経済圏」という言葉が注目を集めている。ネットショッピング、クレジットカード、電子マネー、スマホ、銀行、電気、書籍、デリバリー、などを全て楽天に固めることで、楽天ポイントを大量に獲得するという「財テク」だ。特に日ごろの会計から使える楽天ペイが誕生したことが、この楽天経済圏の普及を後押ししている。
 豊富なグループ内との連動サービスだけでなく、交通系ICカードのsuicaとの連動も始まるなど、今楽天ペイが、QRコード決済界のトップである「PayPay」の牙城を崩すべく勢いづいている。

打倒PayPayの最有力・楽天ペイの身近すぎる落とし穴4,000円の壁とはのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。