スマホの大画面化、あなたはどこまで許せる? iPhone、Androidのたどり着く先とは

 あなたが今使っているスマートフォンは、どんな理由で購入を決めたか覚えているだろうか。手で持ちやすい大きさ、バッテリーの持ちの良さ、動画がよく見える画面の大きさ。「iPhone」のシェアが非常に高い日本であれば、「お気に入りのメーカーだから」という読者も少なくないことだろう。
 今回は、そんなスマホを選ぶ際に重視するポイントから見えてくる、人気メーカーの戦略を見ていきたい。

多様な進化を続けるスマホ業界

スマホはもはや「誰もが持っている」と言えるほど普及した

 年を追うごとに高性能化を続けているスマホ。登場した当初から「持ち歩けるPC」といった表現がされるほどハイスペックの塊だったが、近年はテレビとほとんど変わらぬ高精細な画面描写のできる機種や、プロカメラマン顔負けの写真が撮れる画像補正AIが搭載された機種など、人々の数多のニーズに応えて各社が独自の進化を続けている。

 リサーチ会社・MMD研究所が2020年2月に実施した「2020年2月スマートフォン端末に関する意識調査」によれば、「スマホの購入で価格以外に重視する項目」として1位に輝いたのは「バッテリーの持ち」。やはりスマホが登場したばかりの頃は1日使っているだけでバッテリーが切れかけてしまい、家に帰るまで持つかどうかヒヤヒヤしたものだ。当時は、数日充電しなくても平気だったガラケーから移行したばかりということもあり、多くの人がバッテリーの持ちに不満を抱いたことだろう。
 さらに2位には「メーカー(ブランド)」、3位に「画面のサイズ」という項目が並んだ。AppleのiPhoneシリーズや、Googleが出す「Google Pixel」など、ファッションブランドのようにメーカーを指名買いする人々が少なくないことは改めて実証された。

スマホの大画面化、あなたはどこまで許せる? iPhone、Androidのたどり着く先とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGoogleiPhoneスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。