paypay、楽天ペイなど40代以上のキャッシュレス普及を阻んでいる“弱点”が見えてきた!

「このコロナ禍で最も利用されている決済方法であるクレジットカード決済の利用率が、減少に転じている」。そんな調査結果が発表された。ご存知の通りクレカ決済は歴史ある決済方法で、ここ数年取り組まれているキャッシュレス決済の普及促進もあいまって現金決済の利用率を上回るほどになっていた。しかし、にも拘わらず減少したのはなぜか。
今回は移り行くキャッシュレス決済の最前線を見ていきたい。

クレジットカード決済の利用率が減

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

「キャッシュレス・消費者還元事業」もキャッシュレス決済の浸透を後押しした

 キャッシュレス決済といえば、現在国も力を入れて普及に取り組んでいる決済方法だ。キャッシュレス決済には前述のクレカ決済や、paypay、楽天ペイなどのQRコード決済、Suica、PASMOのICカード決済などが存在し、それぞれの長所に合わせたユーザー層が存在している。

 2020年1月から毎月、各種決済方法の利用金額の割合を調査しているマーケティング会社のイプソスによると、10月の調査でクレカ決済の割合が前月調査の43.9%から42.7%と減少したという。新型コロナウイルス感染症の影響で“現金離れ”が進むなど、前月までは1ポイントに満たないながら微増を続けていたクレカだが、今回一気に1ポイント以上の下落となった。一方で現金決済の割合は前月の38.5%から39.4%へと上昇。イプソスはこの結果を「キャッシュレスが逆行しているとも考えられます」と伝えている。

paypay、楽天ペイなど40代以上のキャッシュレス普及を阻んでいる“弱点”が見えてきた!のページです。オトナライフは、【マネーPASMOPayPayQRコード決済Suicaキャッシュレスクレカ楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。