2020年一番伸びたQRコード決済は、まさかのau Pay! ポイント大手との連携が勝因か

2020年の1年間で、ますます利用者を増やしたQRコード決済サービス。業界全体として成長を続けているが、12月を迎えてこの1年で一番“伸びた”サービスが判明。約2倍近い成長を見せており、来年もこの勢いは止まらない可能性が出てきた。
今回は、サービス躍進のカギとなった事案を振り返りながら、今まさに戦国の時代を迎えるQRコード決済サービス勢力図について迫っていく。

au Payが大躍進!業界シェアが2倍以上に!

今後の支払いのスタンダードはQRコード決済になっていくだろう

 イプソスでは、2020年1月から毎月、「クレジットカード」、「QRコード決済」、「デビットカード」、「電子マネーとプリペイドカード」、「現金」の利用実態を調査している。消費金額に対して各決済方法を使用している割合と利用回数を読み解くと、QRコード決済の金額割合が緩やかだが毎月上昇していることが判明。10月には調査を始めてから最高値となる11.6%を記録した。
 現金は前月に比べて減少し、キャッシュレス決済のひとつであるクレジットカード決済も減少傾向にあった。日本のキャッシュレス化はQRコード決済がけん引し、今後ますますスタンダードになっていくという流れが見て取れた。
 ではそんな成長著しいQRコード決済の躍進に最も影響を与えたのはどのサービスか。サービスの利用率単体で見れば「PayPay」の一強状態であるが、1月時点からの伸び率でみれば一番の成長を遂げたのは「au PAY」であることがわかった。その他の各サービスともに利用率自体は伸びているが、「楽天ペイ」、「d払い」は約1%程度の上昇。「メルペイ」と「FamiPay」に関しては約0.5%の上昇にとどまっており。au PAYの2倍近い上昇がいかに凄い伸び率かが伝わる。

2020年一番伸びたQRコード決済は、まさかのau Pay! ポイント大手との連携が勝因かのページです。オトナライフは、【マネーau PAYPayPayPontaポイントQRコード決済キャッシュレスローソン楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。