ドコモ、au、ソフバンの携帯料金が下がるのを待つより、eSIMで節約する方が早いかも?

政府が携帯料金の値下げに対し発言をしてから、大手携帯会社3社は値下げに踏み切ろうとしている。ソフトバンクとKDDIは既にサブブランドでの値下げを発表。そしてついにNTTドコモも新格安プラン「ahamo(アハモ)」を発表。データ通信量が月20ギガバイトの大容量プランを、2,980円(税別)という驚きの低価格を打ち出したことが話題となっている。しかし、これならばeSIMを使用した方がいいという声もある……。
今回は、今使っている携帯の料金を安くするための術を紹介していきたい。

携帯電話料金を下げるためのとっておき「eSIM」とは

今では携帯電話は文化的な最低限度の生活の基盤だと思うのだが……

 eSIMは、10月に総務省から発表された「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクションプラン」で「eSIMの利活用」が挙げられたこともあり、現在注目を集めている。eSIMとは、通常のスマートフォンなどの本体に装着する物理的なSIMカードの代わりに、本体にあらかじめ内蔵されたSIMカードに契約に必要な情報を書き込んだものだ。

 国内で販売されており、eSIMを採用している端末はまだ少ないが、それらの機種では従来の物理的なSIMとeSIMを組み合わせたデュアルSIMとしての利用が可能になる。そのため、1枚目には各携帯電話会社などのSIMカードを挿し、2枚目もeSIMには格安なeSIMプランを契約しておけば、必要に応じてSIMとeSIMを使いわけることができるのだ。各サービスを状況に合わせて使うことで、節約ができるだろう。

ドコモ、au、ソフバンの携帯料金が下がるのを待つより、eSIMで節約する方が早いかも?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidaueSIMiPhoneNTTドコモソフトバンク格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。