Twitter(ツイッター)投稿に最適な画像サイズを解説! パソコン版、スマホ版比率まとめ

Twitterに投稿する画像の適正なサイズをご存知だろうか。Twitterでは手軽に自分の写真やイラストなど画像作品を投稿できるが、Twitterで公開する場合には、いかにそれが美しく見れるかも考えなければならない。そこで今回、適正な画像サイズを紹介しよう。

Twitterの投稿に最適な画像サイズ・比率【PCの場合】

(Image:Worawee Meepian / Shutterstock.com)

 Twitterに投稿した画像をPCで表示する時の最適な画像サイズをご存知だろうか。Twitterに投稿した画像をPCで表示する場合、スマホとは違いほとんどの場合は画面は横向きのため、横向きの画像で最適な画像サイズやアスペクト比率などを考えなければいけない。まずは、Twitterに投稿した画像をPCで表示する場合に最適な画像サイズやアスペクト比率などを見ていこう。
 ただし、Twitterに投稿された画像をPCで表示した時の最適なサイズと言った場合には、タイムライン上でサムネイルとして表示される画像なのか、画像をクリックして拡大して画像全体を見た時に最適に表示される画像なのかで、最適な画像サイズやアスペクト比率は異なってくる。
 写真やイラストなど画像を作品として、Twitterに投稿する方は意図として画像全体で表示してみるときに最適な画像サイズやアスペクト比率を求めている方が多い。そこで今回は画像全体を表示した時に最適なTwitterの最適画像サイズやアスペクト比率で紹介していく。

・最適な画像ファイルとアスペクト比は?

 Twitterに投稿した画像をPCの画面いっぱいに表示できることを最適と言うならば、画像のアスペクト比率は「16:9」にすべきだ。古いディスプレイや一部の環境では「4:3」というアスペクト比率のPCも多いが、現在利用されているほとんどのPCディスプレイは16:9なのでこれで表示することを最適とするのがいい。また、一部で採用されている「16:10」のPCディスプレイで表示しても「16:9」のアスペクト比率ならばほとんど余白を感じることはない。
 また、PCでの表示を考えるならばTwitterに投稿する画像サイズは長辺1920px以上の5MBまでのJPGファイルを利用しよう。現在のTwitterの仕様ではPCから画像を投稿する場合には、「画像に回転情報が含まれないこと」「長辺が4096px以下」「5MB」であれば圧縮なしに画像を投稿できる。
 そのため、これを満たした画像がPCからTwitterに画像を投稿する際の最適なサイズと言える。なお、長辺1920px以上とはフルHDのPCディスプレイで表示した際に最低でも100%の大きさで画像を表示できるようにするためである。これより小さいサイズの画像では、画像の表示が小さかったり、全画面で表示したときには荒さを感じたりと最適とは言えない。
 また、Twitterに画像を投稿する際にPCでの表示を最適にしたい場合にはサイズよりも向きを気にしよう。PCのディスプレイのほとんどは横向きに設置されている。そのため、PCでの表示を最適にするには横向きの画像であることに注意しよう。縦向きの画像の場合、PCではほとんどが余白になってしまう。

Twitter(ツイッター)投稿に最適な画像サイズを解説! パソコン版、スマホ版比率まとめのページです。オトナライフは、【SNSSNSTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。