もはや現代のガラパゴス諸島! 医療機関のキャッシュレス化を利用者も熱望!

近年、以前にも増して身近になってきたキャッシュレス決済。「PayPay」や「楽天ペイ」など、キャッシュレス決済のひとつである「QRコード決済」が、2019年頃から大々的な還元キャンペーンなどで一気に普及したのは記憶に新しい。現在ではどんな小さなお店であれど、キャッシュレス決済に対応しているだろう。しかし、未だにキャッシュレス決済にあまり対応していないように見えるある業界が……。
今回は、その業界の実態とキャッシュレス決済利用者の声を紹介していく。

キャッシュレス決済利用者が望むことは?

あなたはキャッシュレス決済にもう慣れてきただろうか?

 Office Withは、キャッシュレス決済人口の調査に加え、利用している決済ツールやキャッシュレス対応になってほしい場所を調査。2020年11月13日~11月15日にかけ、男女515名にアンケートを実施した。

 「この1年で現金払いよりもキャッシュレス決済が増えたか?」という質問に対し、「変わらない」と答えた回答者が15.0%であるのに対し、「増えた」という回答は85.0%にもなった。キャッシュレス決済の利用者が劇的に広まっていることが窺えた。さらに、今後キャッシュレス払いができるようになってほしい場所としては、「病院、調剤薬局」が44%を占めるという圧倒的な結果に。「第3波」と称される現在のコロナ禍で、病院などで現金払いをしたくないという気持ちを持つ人が多いのだろう。

回答者の44%が病院・薬局と答えた。※カードレビュードットコム調べ

もはや現代のガラパゴス諸島! 医療機関のキャッシュレス化を利用者も熱望!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス医療機関】の最新ニュースをいち早くお届けします。