楽天ペイのチャージ方法は3種類! それぞれのメリット・注意点とは

QRコード決済である楽天ペイには、さまざまな支払い方法があり、チャージする方法も3種類に分けられる。どの支払い方法にするべきかわかりづらい人もいるため、この記事で簡潔に解説する。コンビニ・ドラッグストア・飲食店など、さまざまな場所で楽天ペイを活用するのに役立ててほしい。

楽天ペイは複数の決済方法が選べる

 まず、楽天ペイは事前にチャージする方法も含めて、以下の決済方法を利用可能だ。

• 楽天キャッシュでチャージ
• クレジットカードを登録
• 楽天ポイントで支払う
• 楽天Edyで支払う
• 楽天ペイのSuicaで支払う

 楽天ペイに直接チャージをするのではなく、楽天キャッシュにチャージすることによって楽天ペイで支払えるようになっている。楽天キャッシュとは、楽天トラベルやラクマといった楽天グループで使える電子マネーだ。この方法のメリットは、前払い方式なので支出管理がしやすいこと。チャージ金額をしっかりコントロールすれば、使いすぎを防ぐことが可能だ。
 前払いだとチャージしたり残高をチェックしたりするのが面倒と感じる人は、クレジットカードを登録するのがおすすめだ。一度登録しておけば、残高を気にすることなく支払える。その一方でクレジットカード払いと同様、後払いとなるため、使いすぎに注意が必要だ。
 このほかに楽天ポイントや楽天Edyで支払うことも可能で、期間限定の楽天ポイントも利用できる。期限切れ間近のポイントの使い道に悩んだことのある人も多いと思うが、楽天ペイならコンビニ・薬局など、身近なお店での支払いで期間限定ポイントを消費できるので便利だ。

楽天ペイのチャージ方法は3種類! それぞれのメリット・注意点とはのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。