楽天ペイのチャージ方法は3種類! それぞれのメリット・注意点とは

楽天キャッシュにチャージする方法は3種類

 楽天ペイにチャージして支払うには、楽天キャッシュにチャージすることが必要だが、その方法には以下3種類がある。

• 楽天銀行
• 楽天カード
• ラクマ

使いすぎが心配な場合は楽天銀行 
 使いすぎを防止したい人なら楽天銀行口座からのチャージがおすすめだ。口座の残高以上は利用できないので、後で支払えずに困ることはない。ただし残高を意識しないでいると使いすぎになる可能性があるので、銀行口座の残高は定期的にチェックしておこう。また楽天ペイのアプリでも利用履歴が見られるため、いつ・どこで・いくら支払ったのかはすぐに分かる。

多くのポイントをもらいたいなら楽天カード
 ポイント重視なら楽天カードでチャージをしよう。200円ごとに1ポイントが付与され、楽天カードの決済分とあわせてポイントの二重取りが可能だ。楽天チャージ分が0.5%、楽天カード分が1%で、合計1.5%のポイント還元となる。楽天ペイに直接楽天カードを登録して使うよりもお得だ。

フリマを使う人ならラクマを利用しよう
 普段からフリマで売買している人なら、ラクマの売上金をチャージする方法もおすすめだ。売上金を1円単位でチャージ可能で、手数料もかからない。ラクマから銀行口座へ振込をすることもできるが、1,000円以上でなければならず、1回あたり210円の手数料も発生する。よってラクマから楽天ペイにダイレクトにチャージするほうがおすすめだ。

楽天キャッシュへのチャージで注意したいポイント

 楽天キャッシュへのチャージを便利に活用するため、下記のポイントも把握しておこう。

楽天キャッシュへのチャージ上限
 楽天キャッシュの利用開始から30日間は、1回あたり10,000円までに制限される。その後1回あたり・1カ月あたりのチャージ上限は10万円だ。チャージ単位は1,000円以上1円単位のため、細かい金額をチャージすることもできる。

チャージできないタイミング
 楽天銀行からのチャージの場合、楽天銀行がメンテナンス中だとチャージできない。メールや公式ホームページのアナウンスを確認しておこう。

チャージでエラーが出た場合の対処方法
 楽天キャッシュにチャージしようとすると、エラーが表示されてしまうことがある。まず「CASH23」と表示された場合は、チャージ上限に達していると考えられるため、利用履歴を確認してみよう。「CASH29」の場合は通信がうまく行っていない可能性がある。Wi-Fi接続ではなく携帯電話会社の回線に切り替える、低速ではなく高速にするなど対処してみよう。
 楽天銀行からのチャージの場合、「CASH13」と表示されることがある。銀行口座を設定したばかりでチャージしようとするとこの表示が出るため、翌日の15時以降に再び確認してみよう。それでもエラーになる場合、楽天ペイの公式ホームページにある「ご利用制限解除申請フォーム」から申請しよう。なお「CASH03」と表示された場合も、フォームによる申請が必要となる。

参照元:楽天ペイアプリのチャージ方法は3つ!初心者が簡単に設定して支払うまで【楽天ペイ】
●楽天ペイ(公式)は→こちら

文=安藤真一郎/ライター・ファイナンシャルプランナー

楽天ペイのチャージ方法は3種類! それぞれのメリット・注意点とはのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。