「日本通信」と「ドコモ」の料金プランバトルは、両者合意のプロレス? それともガチンコ?

過激なリリースが値下げの活性化を生む?

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

携帯電話の料金でスマホ会社を選べる日は来るのか

 このリリースから、ドコモの新プランが「MVNO潰し」とまで言われるほどにおトクなプランであることや、日本通信がそれを超えるおトクなプランを打ち出すのだろうな。ということは強く伝わってきた。合わせて「日本通信どれだけキレてるの…」と感じた人も少なくないだろう。
 しかし少し調べてみると、日本通信が提供しているb-mobileの回線はドコモを使用している、つまり取引先であることがわかる。つまりこのリリースは、回線を使わせてもらっている側が割安なプランを出した回線主に対し、すごい勢いでキレているという構図だ。これをガチンコと取るか、プランの注目を集めるため両者合意の上で行われたプロレスと見るかは難しいところ。真実については当人のみぞ知る、といったところだが、私たちの利益となる携帯料金値下げが活発化するのであればガチンコでもプロレスでも構わない、というのが筆者の本音だ。

 現状ではドコモと日本通信の知名度の格差でドコモの新プランばかり注目が集まってしまっているが、こうした競争原理が業界に広まっていってほしい。そのためにも、このリリースの存在が世間で知られるようになるとよいのではないだろうか。

参照元:日本通信、ドコモの新料金への対抗プラン投入を決定 「MVNO潰し」ではないかと言われているドコモの新料金に対してMVNOの代表として対抗プランを1,980円で投入【日本通信株式会社

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「日本通信」と「ドコモ」の料金プランバトルは、両者合意のプロレス? それともガチンコ?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidb-mobileiPhoneMVNO潰しスマホドコモ日本通信】の最新ニュースをいち早くお届けします。