次のトレンドは“キャリア返り”? 携帯料金でキャリアがおトクになるかもしれないワケ

QRコード決済が“キャリア返り”を主導する?

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

大手キャリアは各社ともQRコード決済サービスにも進出している

 では、これからも格安スマホへの移住が進み続けるか、というと、実はそうとも限らないのだ。格安スマホを選ぶ人は「通信料金が安いから」という理由がほとんどを占めるだろう。では、キャリアと格安スマホの料金が大差無くなったとしたら…?

 国の値下げ要請を受けた3大キャリアがサブブランドのプランでの値下げに踏み切ったように、キャリア自体のプランの大幅な値下げはしばらく無いと考えていいだろう。しかし忘れてはならないのが、3大キャリア(+楽天)は自前のQRコード決済サービスを持っている点だ。
 QRコード決済業界では現在、どのサービスも市場シェアの獲得に注力しており様々な場面でポイント還元キャンペーンを打ち出し続けている。中には既にキャリアで支払った料金を、QRコード決済のポイントとして一部還元するサービスを行っているところもあるほどだ。今後ポイント還元の流れが加速すれば、日々の買い物で付随するQRコード決済を利用して「通信料金自体は少し高い金額を払っているが、各種キャンペーンで獲得したポイント還元で格安スマホと同等の支出で利用できる」という現象が起こり得るのだ。また、金額面で厳格に格安スマホと同額にならなくても、元より通信の質はキャリアが上なのだから「このくらいの金額差ならキャリア使おうかな」とユーザーが感じるレベルにすれば十分とも考えられる。

 そんな時代が来たとしたら、“キャリア→格安スマホ”という移住の構図は逆転し、“格安スマホ→キャリア”と、かつて格安スマホに移っていった人々が続々と“キャリア返り”する事態となるだろう。そんな未来が来るにはまず、ユーザーが多くの還元ポイントを獲得できるような体制づくりから。今後のキャリア各社の持つ経済圏の成長も、しっかりと見守っていきたい。

参照元:大手キャリアと格安SIMの違いは? - それぞれのメリットとデメリットをチェック【セレクトラ・ジャパン

※サムネイル画像(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

次のトレンドは“キャリア返り”? 携帯料金でキャリアがおトクになるかもしれないワケのページです。オトナライフは、【iPhone&Android3大キャリアAndroidauiPhoneスマホソフトバンクドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。