LINEで動画が送れないおもな理由とは? 原因と対処法を解説!

LINEでは写真やスタンプだけで無く動画も送ることができるが、LINEで動画を送れないときの原因と対処法をご存知だろうか。LINEで動画を送れないときの原因と対処法を紹介するので、LINEで動画を送ることができずに困っている方はぜひ参考にしてほしい。

【LINE】動画を送れないおもな原因

 LINEではメッセージだけでなく、写真や動画を送ることができる。しかし、LINEで動画を送ろうとした際に何故かLINEで動画が送れないという症状を経験したことはないだろうか。そこで今回はLINEで動画が送れない時の原因と対処法について解説しよう。はじめに、LINEで動画を送れない際に考えることができるいくつかの原因を考えてみよう。

・【原因①】データ容量が大きすぎる

 LINEで動画が送れない原因として、送ろうとしている動画ファイルのデータ容量が大きすぎるという原因を考えることができる。現在LINEアプリでは送れる動画ファイルの容量に制限はないが、数GBを超えるなど容量が大きすぎる動画ファイルを送ろうとすると送れないことが多々ある。また、LINEでは動画を送る際に自動的に動画ファイルは一度LINE側で圧縮されてしまうので大容量の動画をどうにかしてLINEで送信しても、相手に届くのは容量が圧縮された動画ファイルになってしまう。

・【原因②】動画のファイル形式が違う

 LINEは一般的な動画ファイルには対応しているがmkvなどのあまり一般的ではない動画ファイルを送ろうとすると、LINE側が対応できずに動画を送れない原因となってしまう。LINEの動画送信機能はスマホのカメラで撮影した動画を送ることが主な目的と考えることができるので、LINEで動画を送る際にはファイル形式をMP4やMOVにすると良いだろう。

・【原因③】動画の長さが5分以上ある

 LINEでは5分以上の動画は送れない。LINEの動画について容量の制限はないが長さの制限があるのだ。そのため、LINEで動画を送れない原因として動画が長すぎることが考えられる。

・【原因④】プライバシー設定の許可がされていない

 LINEで動画を送れない原因として、プライバシー設定が正しく行われていない可能性がある。プライバシー設定とは、LINEアプリがデバイス上の動画にアクセスできるようにするための設定である。プライバシー設定でLINEアプリがデバイス上の動画にアクセスできるようにしておかないと、プライバシー設定が邪魔をしてLINEアプリで動画を送れない原因になってしまうのだ。

・【原因⑤】アプリやデバイスが最新になっていない

 LINEで動画が送れない原因として、LINEアプリやデバイスが最新の状態になっていないことが原因の可能性がある。LINEアプリやデバイスのソフトウェアは仕様変更や修正を目的としてアップデートされていく。LINEアプリや端末に何らかの不具合があり、それが原因で動画が送れない場合には、LINEアプリやデバイスをアップデートすることで症状が解消される可能性がある。

・【原因⑥】ネットワーク回線が遅い

 LINEで動画を送る際には、テキストや写真よりも容量の大きな通信を行う。そのため、ネットワーク回線が低速な場合には、LINEで動画が送れない原因となってしまう。特に通信制限で回線の速度が低速になっている場合にはLINEでモバイル回線を使って動画を送るのは諦めたほうが良いだろう。Wi-Fi回線などを活用しよう。

LINEで動画が送れないおもな理由とは? 原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【SNSAndroidiPhoneLINESNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。