GoToトラベル利用者、最多は50代と判明! 今後のキャンペーン方針に影響は?

現在「Go To トラベル」が、11月に大阪市・札幌市が対象地域から除外となったり、東京都が高齢者の利用自粛を呼び掛けたりと、何かと荒れ模様となっていることは読者の方々もご存知のことだろう。そんなGo To トラベルは開始当初から「時間や資産に余裕のある人ほど利用するキャンペーンになるだろう」と予想されていたが、そんな大方の予想通りの調査結果が報告された。
今回は、Go To トラベルの主要ターゲット層とその属性についてお伝えしていきたい。

Go To トラベルの利用最多世代は50代と判明

北日本の文化の中心地と雄大な自然、どちらも楽しめるのが北海道の魅力だ

 インターネットマーケティング会社のアイディエーションが2020年10月に実施した「『GoToトラベルキャンペーン』利用実態調査」によると、10月の段階でキャンペーンを「既に利用した・予約している」と答えた回答者は22%となった。さらに「利用したい」も30%となり、半数以上が利用意向を示していることがわかった。
 中でも50代男性は32%が利用経験者と、調査内で最もGo To トラベルを利用している層であることが明らかに。やはり30代40代といった働き盛りの世代よりも、第一線から一歩身を引いた世代のほうが時間にも心にも旅行に出るだけの余裕を持っているのかもしれない。同調査で50代男女が「行った場所・行きたい場所」として挙げていた地域も、1位・北海道、2位・京都とザ・観光地がワンツーフィニッシュ。夏場に北海道で避暑を満喫したり、普段は外国人観光客であふれかえっている京都をインバウンドが少ないうちに楽しんだりしている様子が窺える。

GoToトラベル利用者、最多は50代と判明! 今後のキャンペーン方針に影響は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToEatGoToキャンペーンGoToトラベル地域共通クーポン】の最新ニュースをいち早くお届けします。