「モバイルPASMO」を実際に1カ月間使って分かったメリット&デメリットまとめ

首都圏の地下鉄や私鉄などで利用できる交通系ICカード「PASMO(パスモ)」。現在は、スマホにPASMOを登録して、自動改札をスマートに通り抜ける「モバイルPASMO」が利用できるようになっているが「本当に便利なの?」「デメリットはないの?」などと思っている人も多いだろう。そこで今回は、実際に筆者が1カ月間Androidスマホで「モバイルPASMO」を使ってみて、どんなメリットやデメリットがあるのか検証してみたぞ。

「モバイルPASMO」は本当に便利なのか?

(Image:pasmo.co.jp)

 JR東日本の「Suica(スイカ)」とともに首都圏で利用されている交通系ICカード「PASMO(パスモ)」。地下鉄、私鉄、バスに加えJRの路線にも乗れるほか、コンビニや自販機などでも決済できるので利便性は非常に高い。もちろん、現在ではおサイフケータイ対応Androidスマホや、iPhoneのApple Payに登録することで、よりスマートに利用できる「モバイルPASMO」が登場している。だが、リアルICカードの「PASMO」を財布に入れておけば、財布をかざすだけで決済できるので、わざわざモバイルPASMOを導入するメリットを感じていない人が多いようだ。そこで今回は、筆者が実際に1カ月間AndroidスマホでモバイルPASMOを使用して、どんなメリットやデメリットがあるのか検証してみた。
 その前に、Androidスマホ用のモバイルPASMOアプリの設定方法を紹介しよう。まずはモバイルPASMOアプリをダウンロードしてPASMOを発行する。PASMOを持っていない人は「新規発行」、すでにPASMOを持っている人は「カードの移行」を選択すればいい。カードの移行手順は→公式HPを参照してほしいが、基本的にはカード裏面に記載されている「PASMO ID」を入力すればOKだ。カードを発行したらクレジットカード(クレカ)を忘れずに登録しよう。このクレカがモバイルPASMOの利便性のほぼすべてと言っていいのである。

■モバイルPASMOアプリの登録手順

【1】アプリをスマホに入れる
【2】「新規発行」か「カードの移行」を行ってカードを発行する
【3】クレジットカードを登録する
【4】NFC(おサイフケータイ)をONにする
【5】自動改札を通ったり買い物に使える!

PASMOの登録が完了すると、アプリ画面にカードが表示される。筆者は定期券として利用していたため、定期券が登録された

定期券の情報はアプリのトップページのPASMO部分をタップすると確認できる

「モバイルPASMO」を実際に1カ月間使って分かったメリット&デメリットまとめのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneモバイルPASMO】の最新ニュースをいち早くお届けします。