iPhone神話が崩れ去る? Appleの不誠実な対応が欧米で問題視

iPhoneの不具合でAppleが13億円もの制裁金を科された。そんな衝撃的なニュースがヨーロッパから飛び込んできた。iPhoneといえば、日本国内で圧倒的なシェアを誇り新型が発売されるたびに直営店であるApple Storeに行列ができるほどの人気を博すスマートフォンだ。当然海外でもファンは多いだけに、この一件は世界で注目を集めそうだ。
今回は、なぜAppleにそれほどの処分が下ったのかをご紹介していきたい。

iPhone 12、実は防水ではなかった説?

(Image:ViktoriyaFivko / Shutterstock.com)

もしかすると旧型のiPhoneも水に弱い可能性も…

 Appleが制裁金を科されたのはイタリアでのことだ。その理由は「iPhoneの耐水性能に関する主張が誤解を招き不当」であるからだといい、1,000万ユーロ、日本円にして13億円の罰金が科されたという。何が“誤解を招いた”のかというと、日本でも10月に発売されたばかりのiPhone 12が、公式なスペックでは「最大水深6メートルで最大30分間」の耐水性能を有している、とされているにも関わらず、その範囲内での使用で浸水したというものだ。

 それだけ聞けば「保証で修理するだけで済むだろう」と思えるのだが、Appleが「内部インジケーターが浸水しているデバイスは修理・交換を拒否する」と規約に明記していることで話がややこしくなっている。耐水性を公表し「浸水しない」と保証しているにも関わらず、万が一の浸水時には保証としてのアフターサービスを行わないという姿勢が大きな問題となり、今回の“13億円”につながったようだ。

iPhone神話が崩れ去る? Appleの不誠実な対応が欧米で問題視のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone12】の最新ニュースをいち早くお届けします。