新型iPhone12は問題が多い? 不具合、バグをまとめてみた!

2020年10月、ついにAppleが新型iPhoneの12シリーズである「iPhone12」と「iPhone12 Pro」を発売した。さらに、11月には「iPhone12 mini」と「iPhone12 Pro Max」を発売している。新型コロナウイルスの影響で発売が遅れたが、全機種が5G通信に対応するなど、AppleやiPhoneファンからすれば喉から手が出るほどほしいものだったはずであり、日本国内だけでなく世界中で爆発的に売れているのが現状である。
今回は、そんなiPhone12シリーズの売れ行きと、利用者が抱える悩みを紹介していきたい。

iPhone12の売れ行きは?

(Image:Woraphong Suphutayothin / Shutterstock.com)

あなたもひょっとしたらiPhoneユーザー?

 中国の証券会社「平安証券(Ping An Securities)」の11月のレポートによると、5Gへの乗り換えブームを背景に、2020年のiPhone12シリーズの出荷台数は7,500万台に達する見込みで、中長期的にアップルの産業チェーンに加わっている中核サプライヤーの業績は好調だとのこと。
さらに、中国メディアIT之家2020年第4四半期(10月〜12月)のiPhone12シリーズの出荷台数は8,000万台から8,500万台、2021年は2億3,000万台から2億4,000万台に達する見通しで、iPhone6シリーズが記録した2億2,400万台を上回る可能性があると報じている。

 これらが本当ならば、iPhone12は歴代のiPhoneを超えるほどの人気と期待を誇っていると言える。また、iPhone12シリーズの中でも、iPhone12 Pro/Pro Maxがあまりの人気で、注文してから配送までに3週間以上を要するなど、高まり続けている需要に供給が追い付けないほどの勢いを見せているようだ。

新型iPhone12は問題が多い? 不具合、バグをまとめてみた!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone12バグ】の最新ニュースをいち早くお届けします。