auの「au PAY」と「au WALLET」ってどう違うの? 機能や使い方を徹底解説!

今や人気のQRコード決済サービスとなった「au PAY」。でも、以前は「au WALLET」っていうのもあったけど、この2つは何が違うの? まだ「au WALLET」ってあるの? 何となく疑問に思っている人も多いだろう。そこで今回は、「au PAY」と「au WALLET」は何がどう違うのか? この2つの機能の違いと使い方などを解説しよう。

「au PAY」と「au WALLET」はまったくの別物!

(Image:aupay.wallet.auone.jp)

 KDDIは2019年4月からQRコード決済サービス「au PAY」をスタートさせた。そして、2020年2月以降「au WALLET」ブランド名はすべて「au PAY」へと統一されたため、すでに「au WALLET」は消滅したと思っている人も多いだろう。しかし、「au WALLET」は今も健在で、その機能は「au PAY」とは異なるものである。
 まず「au PAY」は、PayPayや楽天ペイ、d払いのように残高にチャージして決済できる“QRコード決済サービス”のこと。これに対し「au WALLET」は、nanacoやWAON、楽天Edyなどのような“電子マネー”である。両者は共にスマホで利用できるし、名前も「au PAY」に統一されたので、その違いが分からないのも当然だが、まったくの別物であることを覚えておこう。
 また、いずれも現在はauユーザー以外でも利用できるようになっているほか、貯まるポイントはすべてPontaポイントに統一されている。

■au PAY

【種別】QRコード(スマホ)決済
【使用方法】スマホアプリ/QRコード決済
【使えるお店】au PAY対応店
【チャージ方法】auかんたん決済/auじぶん銀行/銀行/クレカ/Pontaポイント/現金 等

■au WALLET(現au PAY カード/au PAY プリペイドカード)

【種別】電子マネー
【使用方法】プリペイドカード/クレジットカード/Apple Pay
【使えるお店】VISA/MasterCard対応店
※プリペイドカードはMasterCardのみ
【チャージ方法】プリペイドカードへのチャージはauかんたん決済/auじぶん銀行/クレカ/Pontaポイント/現金 等

「au PAY」はスマホの“QRコード決済アプリ”。基本的に残高へチャージして決済する。決済によるポイント還元率は0.5%だが、au PAY カード(クレカ)でチャージすると1%ポイント還元されるので、ポイントの2重取りも可能

(Image:kddi-fs.com)

「au PAY(旧au WALEET)) カード」はauの公式の“クレジットカード”。上写真は年会費無料(1年利用がないと1,375円の年会費がかかる)のノーマルカード。下写真は年会費1万円のゴールドカードとなる。いずれも「au PAY」へのチャージで1%のポイント還元が受けられる

(Image:au.com)

auユーザーの2人に1人が持っていると言われる「au PAY(旧au WALEET)プリペイドカード」。基本的にチャージして利用するが、決済でもらえるポイント還元は0.5%(一部1%の店もある)。auの利用料金でもポイントが貯まる。ただし、利用できる実店舗はMastercard加盟店のみ

auの「au PAY」と「au WALLET」ってどう違うの? 機能や使い方を徹底解説!のページです。オトナライフは、【マネーauau PAYau WALLETQRコード決済電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。