auの「au PAY」と「au WALLET」ってどう違うの? 機能や使い方を徹底解説!

使用方法にはどんな違いがあるの?

 ここまでの説明で「au PAY」と「au WALLET」が別物だということはお分かりいただけたと思うが、実際に使うときはどのような違いがあるのだろうか? まず、「au PAY」はコンビニなどのau PAY対応店でスマホのバーコードを読み取ってもらうか、店頭のQRコードを読み取って支払うことになる。auじぶん銀行やau PAY カード、ローソン銀行、セブン銀行ATMなど、さまざまな方法で残高にチャージできるほか、貯まったPontaポイントをチャージして支払うことも可能だ。
 これに対し「au PAY カード」は普通のクレカなので使用方法の説明は省くが、電子マネーの「au PAY プリペイドカード」の方は、年会費無料のMastercardブランドのクレカと同じような使い方になる。ただし、基本的にau かんたん決済やauじぶん銀行、クレカ、Pontaポイント、現金などでチャージしないと支払ができない点は注意しよう。
 なお、iPhoneなら「au PAY プリペイドカード」と「au PAY カード」を、Apple Payに登録して支払うことも可能である。

(Image:wallet.auone.jp)

iPhoneユーザーなら、「au PAY プリペイドカード」や「au PAY カード」を、Apple Payに登録して支払えるのがスマート

「au PAY」と「au PAY カード」をセットで使うとお得!

 いかがだろうか?「au PAY」と「au WALLET」は別物ではあるが、「au PAY」を利用するなら「au PAY カード」でチャージすると1%ポイント還元されるので、セットで利用すると1.5%還元になるのが大きい。また、今回紹介したいずれの決済方法でも、もらえるのはPontaポイントになるので、「au PAY」や「au PAY プリペイドカード」にチャージしてそのまま支払に使用できるのが便利だ。
 なお、いずれの決済方法でも、KDDIグループの「auじぶん銀行」口座を支払元として紐づけておくと、決済やチャージがスマートになる。

●au PAY(公式)は→こちら
●au PAY カード(公式)は→こちら
●au PAY プリペイドカード(公式)は→こちら
●auじぶん銀行(公式)は→こちら

auの「au PAY」と「au WALLET」ってどう違うの? 機能や使い方を徹底解説!のページです。オトナライフは、【マネーauau PAYau WALLETQRコード決済電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。