目指すは「Zoom映え」? Web会議の画面上で「見た目が悪い人」の映り方

新型コロナウイルスの影響や、働き方改革によってオフィスワークからテレワークへと労働環境が大きく変わりを見せた今年。自宅での作業やメンバーとのネット上でのコミュニケーションに対し、あなたは何を感じただろうか。孤独感や作業効率など思うところはたくさんあったはずだ。また、テレワークをスムーズに進めるために、あなたは何かしらの策を凝らしただろう。ひょっとしたら、いつもとは違う仕事の進め方やコミュニケーションの取り方に悪戦苦闘したかもしれない。しかし、今回はそんなあなたの救いになるかもしれない、Web会議で心がけたい映り方の重要なポイントを3つ紹介していく。

ここでいま一度Web会議のおさらい

テレワークは今後もひとつの働き方として定着するだろう

 元々インターネット環境の発展とともに隆盛してきたWeb会議。新型コロナウイルスが流行する前から利用している会社も一部ではあった。しかし、現在ではテレワークを導入する企業が増え、一段とWeb会議を行う必要が生じているだろう。

 ご存知の通り、Web会議とはパソコンやスマートフォンなどのデバイスとネット環境によって、場所や時間を問わずに顔を合わせてコミュニケーションを取れるツールのことだ。あなたもきっと、既に利用しているだろう。
 そんなWeb会議を利用すれば、移動時間や交通費の削減、スケジュール調整の簡易化、働き方改革の推進など多くのメリットを享受できるはずだ。

目指すは「Zoom映え」? Web会議の画面上で「見た目が悪い人」の映り方のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomテレワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。