無料のGoogleフォトが2021年6月から15GB超は有料に! 写真をどう保存するのが正解?

現在は高画質写真を無料で無制限に保存できる「Googleフォト」だが、2021年6月以降、15GBを超えると有償サービスになるのをご存じだろうか? 何かしら対策を考えておかないと、今後は写真の保存が大変なことになってしまうかもしれないのだ。そこで今回は、2021年6月以降「Googleフォト」がどうなるのか? 写真の保存をどうすればいいのか解説しよう。

2021年6月以降「Googleフォト」15GB超は有料に!

 

「Googleフォト」は、Googleアカウントを持っている人が、無料で利用できるストレージサービス。非圧縮の写真や1080pの動画などは15GBまで、最大1,600万ピクセル以下に圧縮された高画質写真なら無制限でバックアップできる。何しろ無料なので、スマホやデジカメで撮影した写真をどんどん保存している人も多いと思う。
 だが、2020年11月11日にGoogleは「2021年6月1日以降はGoogleフォトの無料・無制限のバックアップサービスを終了する」と発表した。これにより、2021年6月以降はGoogleフォトに保存した写真や動画は、15GBまで無料で使えるGoogleのクラウドサービス「Google One」の容量としてカウントされるようになり、15GB以上保存したい場合は有償サービスを利用することになる。もちろん、2021年5月までにアップロードしてある写真や動画はそのまま保存され、「Google One」の新しい15GB枠には含まれないそうなので、とりあえずひと安心。とはいえ、2021年6月以降は写真の保存先をどうするか考えないと安心してもいられないのだ……。

Androidスマホで撮影した写真もバックアッできるGoogleフォト。今まで何も考えずに写真をバンバン保存できたが、2021年6月以降は使い方を考えないといけなくなる

無料のGoogleフォトが2021年6月から15GB超は有料に! 写真をどう保存するのが正解?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAmazon photosAmazonプライムGoogleGoogleフォト】の最新ニュースをいち早くお届けします。