5円玉が10万円!? プレミア価格が付くお宝紙幣や硬貨の探し方

「AA券」って何?1万円が300万になることも!

 まず、紙幣で確認したいのは、紙幣の端に記載されているアルファベットと数字を組み合わせた「記番号」だ。とくにプレミアが付きやすいのは、数字の並びが「777777」といったゾロ目になっていたり「123456」のように連番になっているものである。「そんなことくらい知っているよ」と思った人は多いだろうが、それなら「AA券」のことはご存じだろうか? 
「AA券」とは、初期に印刷された紙幣のことで、「A000000A」のように記番号の両端が「A」になっている。この「A」と「A」の間の数字が若いほど高値になり、たとえば「A000007A」の1万円札は、某鑑定番組で300万円もの評価額が付けられたそうだ。「AA券」は1万円札だけでも99万9,999枚も発行されているので、意外と見つかるかもしれない。同様に「ZZ券」にもプレミアが付くので探してみよう。ただし、ZZのあとに印刷された紙幣は「AA00000A」のように頭に2つ「AA」が付いているものがあるが、こちらは「AA券」ではないので勘違いしないでいただきたい。
 なお、希少価値という意味では、裁断ミスで角に紙の切れ端がついている「福耳」や、透かしがズレている、印刷が一部欠けているといった「エラー紙幣」にも、かなりプレミアが付くので、お札を隅から隅までじっくり観察してみよう。

まずはお札の「記番号」をチェックしてみよう、ゾロ目や連番はもちろん「AA券」や「ZZ券」も要チェック!

1円玉が400円ってホント!? 硬貨にもお宝が!

 お札だけでなく硬貨にもプレミアが付くものがある。プレミア硬貨については→こちらで詳しく解説しているので参考にしてもらいたいが、硬貨の価値は古さよりもとにかく“発行枚数の少なさ”が重要になる。平成23年〜25年発行の1円玉は発行枚数が非常に少なく、最大で400円の価値があるとされる。また、5円玉も同様の理由で平成22年〜25年発行のものは最大2,000円ものプレミアが付くそうだ。逆に自動販売機などでも利用率が高い10円、100円、500円は、発行枚数が桁違いに多いのでプレミアが付くことはあまりない。
 このように硬貨の価値は希少性で決まるため、「エラーコイン」にもとんでもないプレミアが付く。とくに5円や50円の穴あきコインは穴がズレているものや穴が開いていないものなどがごく稀にあり、エラーの具合によって数万円〜数十万円のプレミア価格で取引されているのだ。

コインは古さよりも発行枚数の少なさ、つまり希少価値にプレミアが付く。もしかすると貯金箱の中にプレミア硬貨があるかもしれないぞ!

5円玉が10万円!? プレミア価格が付くお宝紙幣や硬貨の探し方のページです。オトナライフは、【マネーAA券エラーコイン日本銀行紙幣貨幣造幣局】の最新ニュースをいち早くお届けします。