ネットワーク環境に影響されない、QRコード決済「smart-pay」がついにサービス開始!

2019年頃から世の中に浸透し、爆発的に利用者が増加したQRコード決済。老若男女、性別・年代を超えて広く利用されている。そんな今では当たり前のような存在になっているキャッシュレス決済だが、「実体がないものは安心できない」と言わんばかりに現金にこだわりを持っている人も多くいる。確かにキャッシュレス決済では、お金が減っていく感覚を実際のサイフの重みなどで感じることができない……。それで敢えて現金を持ち歩く人、キャッシュレス決済を利用しつつも現金も多少持ち歩く人などもおり、完全にキャッシュレス決済派だという人は少ないように思える。
しかし、この度キャッシュレス決済を“タフ”な決済方法にするようなサービスが登場した。近年、異常気象や地震などの被害を受ける日本に住む人にとっては頼れるサービスになり得るのかもしれない。

日本に住むならば災害を覚悟していた方がよい……?

日頃から防災グッズは用意しておくべき、と小学校でも習ったはずだ

 日本の地震発生率は世界でもトップクラスであり、日本周辺を見ると海には太平洋プレート・フィリピン海プレートがあり、別の陸のプレートの方角へ1年あたり数cmの速度で移動し、そのプレートの下へと沈み込んでいる。他にも複数のプレートがあり、日本はまさにプレート境界と考えられる場所に存在しているため、世界でも有数の地震多発地帯となっているのだ。全世界で起きるマグニチュード6以上の地震のうち、20%が日本周辺で発生しているという。さらに島国であるために地震が発生すると津波が起きるなど、もはや日本で暮らすには「地震やそれによって起きる災害を覚悟しておくのは当たり前」というレベルにまでなっている。
そうした災害時への備えとして、高額紙幣・小銭をサイフの中に常に入れている人もいるかもしれない。お店側でおつりが出せなくなる場合は小銭を使い、避難が長期化した場合にはお札を利用するのが手だろう。

ネットワーク環境に影響されない、QRコード決済「smart-pay」がついにサービス開始!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済smart-payキャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。