イオンモバイル、楽天モバイルなど、格安スマホの“安さ”に代わる武器は訪れるのか?

格安スマホが持つべき“安さ”に代わる武器は…?

これまではキャリアよりも安い利用料金のみで戦ってきた

 一方で格安スマホからキャリアへの転身を図っている「楽天モバイル」は、総合満足度で7社のうちの最下位に。各部門でも軒並み低評価となっており、格安スマホとしてはあまり評価されていないことが明らかとなった。これからキャリアへと参入していくものの、これまでのユーザーがついてきてくれるのかは不透明と言えるかもしれない。

 また、各社とも「ユーザーが利用する格安スマホで最も重視している点」は「月額料金の安さ」で一致している。さらに「月額料金の安さ」を挙げたユーザーの割合は7社すべてで70%を超えており、格安スマホユーザーが強く求めているもの“安さ”であることが改めて浮き彫りとなった。
 「格安スマホ潰し」とまで言われた「docomo」の新プランなど、現在キャリア各社が値下げプランの提示に奔走している。今後圧倒的な武器であった“安さ”が機能しなくなった場合に、格安スマホ業界はどこに向かうのか。今後のサービス展開に注目したい。

参照元:MVNOの総合満足度 イオンモバイルが759点でトップ、NPSはmineoがトップ【MMD研究所

※サムネイル画像(Image:IgorGolovniov / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

イオンモバイル、楽天モバイルなど、格安スマホの“安さ”に代わる武器は訪れるのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidLINEモバイルmineoUQモバイルY!mobileイオンモバイルドコモ格安スマホ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。