あのAppleが売上減少! でも大丈夫なその理由とは……

1976年にスティーブ・ジョブズを中心に創業をしたApple。翌年の1977年に法人化された後に発売した「Apple Ⅱ」が大ヒットしたことで急成長を遂げ、1984年には初代「Macintosh」を発売。1998年に「iMac」を成功させた後、2001年には「iPod」を発表するなど、コンピューター以外の電化製品も手がけるようになり、たちまちあなたの家庭にもApple製品が導入されていったことだろう。
そんな現在はAppleと聞けば誰でもわかるぐらいに人気を博している会社なのだが、やや雲行きが怪しいような情報が……。果たしてAppleの今後はどうなっていくのだろうか。

Appleのスマホ販売台数は今……?

(Image:Sorbis / Shutterstock.com)

Appleのロゴはシンプルで素晴らしい

 Appleといえば、「iPhone」を連想する人は非常に多いだろう。2007年にスマートフォンの先駆けとしてiPhoneのオリジナルモデルが発売していたことも現在のスマートフォン社会の礎を築くことにつながっている。

 そんな革新的なiPhoneを生み出したAppleだが、 調査会社・Gartnerによると、Appleの2020年第3四半期における全世界でのスマートフォン販売台数は4位となった。前四半期まで4位だったXiaomiに3位の座を奪われた格好だ。中国メーカーでは現在HuaweiからXiaomiへと販売の軸が大きく移っており、中国メーカー内でもブランドの新陳代謝が起きているためXiaomiの販売台数が上がっている、とGartnerは分析しているという。これは今まで勢いづいていたAppleが不調であることを意味するのだろうか……?

あのAppleが売上減少! でも大丈夫なその理由とは……のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone12】の最新ニュースをいち早くお届けします。