値下げ合戦の次は陣取りゲーム? 楽天モバイルが必死に進める生き残り戦略

「日本のスマホ代は高すぎる!」という衝撃のCMとともに、格安スマホ業界からキャリアへと殴り込みをかけた楽天モバイル。その言葉に呼応するように国も既存の3大キャリアに携帯料金の値下げ要請の圧力を強め、各社とも対応に追われている状況だ。そんな中で、発端とも言える(?)楽天モバイルが何をしているかというと、ひっそりとサービスエリアを拡大しているのだった。
今回は、大きく変わるキャリア業界の中で、これから楽天モバイルがどんな未来を歩むことになるのかを考えていきたい。

スマホ代の値下げに注目が集まった2020年

(Image:David Marin Foto / Shutterstock.com)

今や誰もが使うスマホだがその利用料金には以前から不満の声も多かった

 2020年9月に菅義偉内閣総理大臣の発言でも注目を集めた「携帯料金の値下げ」。菅総理は官房長官時代からこの件について言及しており、総理となってさらにその勢いは加速し国民の世論も「値下げせよ」といった風潮が強まった。
 しかし大手キャリア3社のうち、現在までにdocomo以外は有効な方向性を示せていない状態だ。とくにauは、SoftBankと足並みを揃えるように「サブブランドでの値下げ」でお茶を濁したうえに、その後発表したau本体での新プランは多数の「〇〇割」を加味した料金を大きく打ち出した発表を行ったために「期待外れ」「値引き詐欺」と世間は猛反発。SNSでは「#au解約」といったau批判のワードが一時トレンド上位に入るなど“大炎上”するありさまだった。

値下げ合戦の次は陣取りゲーム? 楽天モバイルが必死に進める生き残り戦略のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone格安スマホ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。