「YouTube=動画」はもう古い! ファン心理を掴んだシステムで音楽配信が絶好調なワケ

音楽を楽しむ方法はここ数年で一気に定額制音楽配信サービスに切り替わっていった。多くのサービスがある中で、その利用者が「メインで使うサービスの決め手になったのは何か」と問われたら、「曲数」「コンテンツ力」「連動サービス」など、人によって様々な要素が挙がるかもしれない。
今回は“とある方法”で、今SNS世代から支持を集め始めている定額制音楽配信サービスを紹介していく。

一番利用頻度が高いのはAmazon Music。しかし「シェア」という観点で見ると…

(Image:rvlsoft / Shutterstock.com)

YouTube Musicの利用率は今後伸びていくだろう

 ここ数年で一気に定着を見せた定額制音楽配信サービス。いまやほとんどの日本国民が、各社サービスを利用しながら音楽を楽しんでいる。株式会社ジャストシステムの実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年8月度)」の結果によると、利用頻度の高いサービスについて、一番多かったのが34.1%の人が回答した「Amazon Music」。次いで26.9%の「Apple Music」。14.4%の「LINE MUSIC」。9.0%の「Spotify」と続いた。サービスを支持している理由としては「楽曲の多さ」が最も多く47.6%。「楽曲の内容」31.8%、「コストパフォーマンス」30.0%と続いた。

 一方で「楽曲をSNSでシェアする機会の多かったサービス」の項目を見てみると、利用頻度のランキングとは異なる興味深い結果が判明した。1位には利用頻度で4位だったSpotifyが入り、それに続くかたちで「YouTube Music」が50.0%という高い数値をたたき出していたのだ。利用者数ではランク外だったものの、SNSとの相性が良く楽曲を知人にシェアしやすいシステムのため2人に1人がシェアを経験していたと予想される。

「YouTube=動画」はもう古い! ファン心理を掴んだシステムで音楽配信が絶好調なワケのページです。オトナライフは、【動画・音楽Amazon MusicApple MusicLINE MUSICSpotifyYouTube Music定額制音楽配信】の最新ニュースをいち早くお届けします。