JR東日本・西日本の“密”回避策「通勤ラッシュを避けるとお金がもらえる」が成功するか微妙なワケ

2019年は「キャッシュレス元年」とも呼ばれた年であることは、あなたももう耳にタコができるほど聞いたセリフかもしれない。官民が一体となり様々な還元キャンペーン等を行うなど、キャッシュレス化へと大きく舵を切った結果、広く普及する結果となった。そんなキャッシュレス決済のひとつであるICカード決済の「ICOCA」でも、2021年春から新たなキャンペーンが始まるようだ。しかし、その施策がどれほどの効果を発揮できるかは未知数で…。
今回は、そんな交通系ICカード決済とそれを使った様々なキャンペーンについて語りたい。

Suicaに負けじとICOCAが打った混雑緩和策

ICOCAのキャラクターはカモノハシだそうだ

 JR西日本は12月16日、来春から通勤電車の混雑緩和を狙って「ピーク時を避けて通勤した人へのポイント還元」を始めることを明らかにした。発表の中で紹介された案では、ICOCA定期券が対象で、「午前7時から9時のピーク時を避けて9時半~10時に改札を出た通勤客のICOCAに20円分のポイントを付与する」といった方式を検討しているという。京阪神エリアの駅から大阪駅や天王寺駅などの大阪都心部の駅に向かう通勤定期券の利用者が対象とされ、“通学”定期は対象外という方針も明かされている。
 11月にはJR東日本も類似したキャンペーンを“1年間限定で”実施すると発表しており、JRが東西ともに足並みを揃えたような恰好だ。

JR東日本・西日本の“密”回避策「通勤ラッシュを避けるとお金がもらえる」が成功するか微妙なワケのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフICOCAICカードJR東日本JR西日本Suica通勤電車電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。