救世主? それともお荷物? ANAが放つ新QRコード「ANA Pay」決済サービスの価値は

2020年12月10日にサービスが開始された「ANA Pay」。名前の通り航空会社のANA(全日空)が提供しているQRコード決済だ。当然、ANAのサービスで優待を受けられるのだが、不自由さも浮き彫りとなっておりこのサービスがどこまでシェアを伸ばせるのかは未知数と言わざるを得ない。
今回は、コロナ禍で需要の落ち込みに苦しむANAにとって、ANA Payが救世主となるかどうかを考えていきたい。

航空業界からキャッシュレスへと進出したANA

(Image:Yangxiong / Shutterstock.com)

特徴的な青いロゴが美しいANA

 今回、ANA PayでQRコード決済業界へと参入を果たしたANA。ANAにとって畑違いの世界であることは間違いないが、近年は様々な業界から多くの企業がQRコード決済に進出してきており、その流れの一部と考えればさほど突飛な選択でもないと言えるだろう。

 しかし、数年前はまだまだ未開拓で“ブルーオーシャン”だったQRコード決済も、2018年頃から「PayPay」や「楽天ペイ」といったサービスが業界の覇権を握るために攻防を繰り広げたことは記憶に新しい。現在では、「100億円あげちゃうキャンペーン」などインパクトのある還元キャンペーンで圧倒的なシェアを獲得したPayPayに対し、他のサービスがどうにか劣勢を跳ね返そうと奮闘している状況だ。
 そんな世界にこのタイミングで新規参入というのも、なかなかにチャレンジングな選択であると言えるかもしれない。

救世主? それともお荷物? ANAが放つ新QRコード「ANA Pay」決済サービスの価値はのページです。オトナライフは、【マネーANA PayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。