PayPayも限界? 渾身のキャンペーン「ペイペイジャンボ」に漂う“イマイチ感”の本質

意外と得じゃない?使用シーンは限られている

“オンライン限定”という縛りがイマイチか

 どちらのキャンペーンも通常の還元率に比べて大幅に大きな恩恵を受けられる。特に、ペイペイジャンボ(オンライン)については、買い物金額の全額が還元される可能性もあるため、何かと出費の多い12月の支払いはPayPayにまとめるのがお得といえるのでは。
 しかし、街の反応は少し冷ややかなようだ。11月に行われたキャンペーン「超PayPay祭」はSNSを中心に反響が呼んだにも関わらず、今回のキャンペーンがイマイチな理由は何だろうか。
 それはどちらも「オンライン」限定のキャンペーンだからではないだろうか。「普段の買い物から還元が受けれない」、「わざわざオンラインで買い物をしなければならない」こうした煩わしさが消費者に大きな足かせとなっていると考えられる。

 超PayPay祭も大型還元を受けられる店舗は一部に限定されていたように、PayPayが知名度を上げた、“すべての買い物において高還元”という「バラマキ政策」も最近は鳴りを潜めている。還元の恩恵を受けれる人も少なく「名ばかりの大型還元」が続くPayPay。体力も資金力もいよいよ限界なのかもしれない。

※サムネイル画像(Image:paypay.ne.jp)

PayPayも限界? 渾身のキャンペーン「ペイペイジャンボ」に漂う“イマイチ感”の本質のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスぺイペイジャンボ】の最新ニュースをいち早くお届けします。