Apple Payに登録できるクレジットカードや使い方、対応店を解説!

Apple Payを利用できるお店や支払い方法

(Image:Sol.Daria / Shutterstock.com)

 Apple Payに登録したクレジットカードは、iDまたはQUICPay対応店で利用できる。

iDの対応店の例
・コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど
・スーパー:イオン、まいばすけっと、サミットストアなど
・薬局:ウエルシア薬局、ココカラファイン、サンドラッグなど
・ファストフード:吉野家、モスバーガー、ドトールコーヒーショップなど
・家電量販店:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ノジマなど

QUICPayの対応店の例
・コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど
・スーパー:イトーヨーカドー、イズミヤ、ヨークマートなど
・薬局:スギ薬局、マツモトキヨシ、ツルハドラッグなど
・ファストフード:マクドナルド、すきや、ココ壱番屋など
・家電量販店:エディオン、コジマ、ヨドバシカメラなど

 iD・QUICPayとも広く普及しているため、両方とも使えるお店も多い。どちらに振り分けられても、多くの店舗で利用できる。
お店での支払い方法
 フェイスIDが搭載されたiPhoneはサイドボタンをダブルクリック、タッチIDの場合はホームボタンをダブルクリックして認証し、登録したカードを表示させよう。準備できると「リーダーにかざしてください」と表示される。iPhone本体の上部を店頭のリーダーにかざすと決済端末から音が鳴り、本体に完了の文字とチェックマークが表示されれば支払い完了だ。iPhoneにロックがかかった状態でも、ボタンをダブルクリックすれば支払いができるので便利だ。

※サムネイル画像(Image:Primakov / Shutterstock.com)

Apple Payに登録できるクレジットカードや使い方、対応店を解説!のページです。オトナライフは、【マネーApple PayApple WatchiDQRコード決済QUICPayキャッシュレスクレカ楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。