実は、Go Toトラベル一時停止キャンセル料補償が完ぺきではないことが判明

最近なにかと話題の「Go Toキャンペーン」。今回年末年始分の「Go Toトラベル」について全国一斉に停止することが発表された。現状を考えれば致し方ないと理解はできる。またキャンセル料も国が補填するので、納得はできそうだ。
しかし、実はこの補償が完ぺきではないことが判明。一部の旅行者はキャンセル料を自腹で払わないといけないかも…。今回はGo Toトラベル中止騒動の問題に迫る。

中止は致し方がない…全国に先駆け4都市で制限開始

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

一斉中止が発表されたGo Toトラベル

 政府は観光業への経済支援政策である「Go Toトラベル」について、年末年始分の旅行についての適用を中止することを発表した。菅総理大臣はこの件に関して、「Go Toトラベルを利用して年末年始に帰省しようとした方には大変申し訳なく思う」と述べている。今回の中止は一部都市で深刻な感染増加が続いていることによるが、「感染者数は一度高止まりしたが、直近で増加に転じており、感染拡大地域も広がりつつある。医療機関をはじめ最前線で闘う方々の負担は極めて重くなっている」と中止の意図を説明した。
 中止の時期は12月28日から2021年1月11日までの間。全国で一斉に停止するとしている。年末年始分の中止に先駆けて、札幌市、大阪市、名古屋市、東京都の四都市では先行して制限を開始する。

実は、Go Toトラベル一時停止キャンセル料補償が完ぺきではないことが判明のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToキャンペーンGoToトラベル】の最新ニュースをいち早くお届けします。